一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

ぐっすり寝た話

 昨夜は午前2時に寝たのですね。
 なにしろここのとこ夜明けでなければ眠れない病気にかかってまして(夜明けねむねむ病とかいったらダイの大冒険っぽい)、とにかく生活が不規則になるなる。
 目はしょぼしょぼするし、肌は荒れるし、なんかだるいしでいろいろと厄介です。男なので美容というのに正直興味が持てないのですが、明日あたりにH+P3巻を出す風見周(めぐるではなくてしうと読みます)さんなどは「美容に気を使わない人間は死ねばいいよ」などと臆面もなく言い放つので困ったものです。彼は癒し系なので癒し肌とかそんな肌の持ち主だと思います。

 まあ、美容云々はさておき、だるいとか目が痛いというのは困るので、どうにか生活を改善しようと運動したりぶっ続けで映画を見たりして疲れるようなことをやったのですよ。 
 その結果、冒頭に書いたように2時になる前に眠くなり、だいたい2時には部屋の電気を消して寝てました。



 午後2時に起きました。

 もしかして、身体が老化してるんだろうか。
 そう思いつつ、これだけ寝たのにまだどこかだるかったので熱を測ってみたところ

 38.1

 春だからといって始終薄着でいるのは控えようかと思いましたとさ。
 それじゃ薬飲んで寝なおします。拍手返事は次かその次あたりで。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-04-17 16:56 | 日常雑記