一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

サイン会の話

 ただいま大阪より帰ってきました。(23時頃)
 
 雨が降ったりやんだりする曇り空の中、メロンブックス大阪日本橋店さんにお越しいただいた方々、ありがとうございました!
 また、さまざまな事情で来られなかったという方々も、参加を考えてくださったというその気持ちだけでも、本当に嬉しいです。

 もう司会の方が喋っているときから袖口で緊張のあまりがたがた震えてました。挨拶させていただいたのですが、早口だったり声が小さかったりで、何を言ってるか聞き取れなかった方もいたかもしれません。僕自身、終わったあとにはよく覚えてませんでした。

 サイン会会場には、70人くらい(正確な数を聞きそびれたのでGW明けまでに聞いておきます)の方々が列をつくっておりました。整理券自体も八、九割はけていたというからそうとうなものです。

 や、無事に終わったから言えることではあるんですが

・イラスト担当の南野さんもいっしょだとはいえ、僕の知名度は高いものではない。つーかぶっちゃけ低い。
・しかも一迅社さんからははじめて出す本だから知名度の低さに拍車がかかってる。
・その上地図をテーマにしたマッピングファンタジーとかいう何それ? な代物だ。
・そんなおもしろいかどうかもわからない1巻を買えと。
・でもって発売からたった一週間後にサイン会。

 ハードル高ぇー。
 こうしてあらためて箇条書きにしてみるとハードル高ぇー。

 でも、それにもかかわらず、更にわざわざ予定を空けて来てくれたわけで。
 中には何冊も買ってくださっていた方や、お土産を持ってきてくださった方もいて……もう感謝が言葉にできないくらいで。
 だというのに、緊張とか失敗できない恐怖とか喜んでもらえるだろうかとか後続の人をあまり待たせたくないとか、いろいろなものがぐるぐる渦巻いて、それぞれ簡単なお礼の言葉ぐらいしか言えませんでした。なんとも雑な対応でごめんなさい。
 みんな愛してます。ラブです。

 2時過ぎにはじまったサイン会ですが(遅刻してごめんなさい。メッセージペーパーで許して)、3時にはつつがなく終了しました。

 そうそう。途中、大阪在住の手島さんが応援に来てくれました。ありがとう! いや、精神的に救われました。ほんとに。
 ついでに手島さんからサインをもらいました。持っててよかった影執事。
 手島史詞「影執事マルクの天敵」は好評発売中です。

 で、終わって気づいたことがひとつ。 

 男性率100パーセント

 うん、年齢差はあれどみんな男。女性ゼロ。
 でもって僕も南野さんも、編集さんも、手島さんも、メロンブックスのスタッフの方々も男性なので、見事なまでの野郎祭。むしろすごい。伊集院光のラジオか。
 
 そのあとは、メロンブックスさんへの色紙を(主に南野さんが)描いて、成功してよかったよかったと笑顔で雑談に興じてました。

 手島さん「休日なので奥さんと子供に遊園地にでも行こうかと言ったら、自然の山に行きたいとか言われて困りましたよ」
 僕「いい奥さんじゃないですか(惚気だ。これは間違いなく惚気だ)」
 
 充実ライフとはこういうものなのだろうなあとか思ったりしながらそろそろ失礼する時間となり、僕たちは店をあとにしたのでした。

 
e0172041_0173018.jpg

 色紙。あまりに出来がすばらしかったので右下にちょこっと名前を入れさせていただくことにしました。メロンブックス大阪日本橋店さんのどこかに飾られています

 せっかくの大阪を堪能したかったのですが、ちょっと片付けなければならないお仕事があったので泣く泣く帰還することに。
 もうほんとに、足を西へ向けては眠れなくなる大満足の一日でした。

 あらためて。みなさんありがとうございました!

 あと、ちょうどいいタイミングかなと思ったのでリーナの感想に対する返事を追記。

web拍手を送る



> 『星図詠のリーナ』面白かったです。地図のさまざまな役割を堪能させていただきました。そしてパルヴィ萌えです。萌えすぎます。善きライバルな結末でよかった……!
 ありがとうございます。パルヴィは思ったより人気が高くて驚きましたね。最初期の設定では死ぬ予定だったけど生かしておいてよかったよかった

>星図詠のリーナ読みました。面白かったです。一気に読んでしまいました。それにしてもダールが主人公っぽい設定ですね。竜を巡る旅にしてもお話しが書けそうです。 by ノブ
 ありがとうございます。ダブル主人公というか、そんな感じですね。お互いにできないことを補いながらうまいことやっていくという……。

>『星図詠のリーナ』を書くことになった経緯が面白いですね(^^)編集者様と縁があったのでしょうね。南野さんのケモノ耳も是非見てみたいです。最後のリーナが寝ている絵に垂れ耳を付けてほしい(#^.^#) 今回あとがきが「普通」だったのは1ページ分しかスペースがなかったからでしょうか?(笑) そろそろ法人税の講座が始まりますので今回はこの辺で失礼させていただきます。帰宅して読むのが本当に楽しみです。それでは、ゆっくりお休みになってサイン会当日は万全の体調で大阪へお越しくださいませm(__)m by 慎
 ありがとうございます。ちょっと長かったので前半を割愛させていただきました。
 あとがきの件はまさしくそのとおりです(笑) いや、いろいろ考えてみたけど1ページでは無理でした。
 資格試験、がんばってください。

>星詠図のリーナを読みました。マッピング→ダンジョン→洞窟探検という単純思考の元、普通のファンタジーを想像しておりましたが、純粋に都市地図というお題だった事に驚き、楽しく読ませて頂きました(特に即興地図のくだり)。見た人が楽しめるような地図を描く、竜使い候補にもなった変り種の王女の次作での活躍を楽しみにしております。……星詠図で間違ってないですよね? by Ritis
 しかし残念、星図詠。あらためありがとうございます。地図というのはけっこう書きたいことが多いのですが、でも、いずれ一冊丸々ダンジョンというのも書いてみたいですね。

>昨夜、星図詠のリーナ読みました。次の日も仕事があるので、少しだけ読んで寝ようと思っていたのに、結局途中でやめられずに最後まで読んでしまい、今日は寝不足です。感想:全編通して、とてもわくわくさせて頂きました。今は、早く続きが読みたい!!!!という気持ちで一杯です。お願いですから、次巻早く出してくださいね!!!!!!!!!!!!! by tame
 ありがとうございます。2巻はめでたく決定しました。ご満足いただけるものになるよう全力でがんばっていきますので、お楽しみに。

とりあえず、このへんで。
by tsukasa-kawa | 2009-04-27 00:23 | 日常雑記