一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

ちょっとした思いつきの話

 募集:美少女になって、なにかいいことがあっただろうか

 ……というタイトル候補が送られてきたわけではもちろんなく。

 いえね、このブログもはじめて早二ヶ月。いまだかたづいてない原稿からの現実逃避ついでにちょっと振り返ってみたんです。
 アニメ化も決定したこの方(おめでとうございます~。ああ、あとバカテス6巻発売中)のおかげというか、影響というかでありがたくも美少女と呼ばれるようになり、数多の求婚を、特にボディビルダーから受け、ふつうに僕に接してくれていたはずの純朴な後輩作家さんにまでついに美少女呼ばわり……。
 三十路の眼鏡小僧だったはずがいつのまにやらとんでもないところへ来てしまったものです。

 で、思ったのが、はたしてなにかいいことがあったか?

 いえ、みなさんから「美少女!」「美少女!」と美少女コールを送っていただくのはそりゃおもしろ……もとい非常に嬉しいです。これこそ唯一無二にして最大の恩恵といっていいでしょう。

 偉大なる先達である井上さんが「僕は男ですから!」と毎回毎回言ってるのは「押すなよ!? 絶対に押すなよ!?」という類の、まあ誘い受けですし? 喜んでます、きっと。まあ井上さんは本当に美少女ですからね。香港行ったのもきっとエステとかだぜ(また思い込みで中傷ですか)

 脱線しました。
 まあ、僕は上に書いたとおり、いいことがあったわけだけど。
 はたして、世の美少女さんたちはどうなのだろうか。

 美少女として生まれて、あるいはなんかいろんな経緯から美少女になって、なにかいいことがあったりしただろうか。

 宝くじが当たったり、自販機に指をつっこんでみたら10円玉を見つけたり、世界の半分をうっかりもらうことができたり、やっつけで描いた春休みの宿題が県レベルで表彰されたり、ボディビルダーに告白されたり、悟りを開いて賢者に転職してみたり、朝起きたらいきなり声が好きな声優そっくりになっていたり……

 そんないいことが、あったりしただろうか。

 というわけで、もしそんな体験をした美少女さんがいたら、暇潰しに聞かせてくれたりするとおもしろ……もとい、ありがたいです。
 ま、タイトルも決まってないようなだるだるブログですし、美少女話も気長にいきますか
 拍手の返事もそろそろ……でも、その前に原稿……はぁ
 
 
web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-05-03 01:54 | 日常雑記