一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

傘の話

 計画的に外出するときは傘を持っていくんですが、思いつきで出るときは持っていきません。
 以前は折り畳み傘を持っていたんですが、一度風にあおられてミシッとかいって壊れてから買い直していないのです。

 傘って、そもそも持ち歩きが面倒じゃないですか。晴れた日に持ってたらおかしいだけだし。片手がふさがるし、よく置き忘れるし(それは君の記憶力に問題があるだけです)

 そんなことを考えながら、ふと用事を思いだして東急ハンズへ寄ったのですが、なかなかおもしろい傘を見つけたのですね。取っ手が刀の柄のようになっていて、更に黒い袋もセットになって傍目には刀を持っているように見えるという。
 これはなかなかかっこいい。
 ファッションとしての傘はセレブなひとやゴシック調の服を着た人が日傘を持ってごきげんようざます、とかやるぐらいしかないんじゃないかと思っていたのですが、これは着眼点がいいなあと。
 他にも肩に引っ掛ける形で持ち運べる傘とかあったり。
 僕が知らなかっただけで、世の中にはいろいろな面白傘があるのだなあ、と。

 で、結局面白がっただけでその傘は買わなかったんですが。
 
 そのまま別のところへ行ってですね。
 そこを出たのが8時半頃だったのだけど、なんか雨がざーざー降ってるの。雷がごろごろ鳴ってるの。
 どうしようかなと立ち往生してたら3、4人の子供が夜の雨の中を笑いながら走っていくのですよ。

 子供に負けてられるか!

 とばかりに20分ぐらい雨の中をひた走って
 家に着いてみると、もう服とズボンから滴る水だけで玄関が水浸しに……
 最悪なのは鞄に入れていた本やノートまでふにゃふにゃになったことでして。
 いや、まあ濡れてるのは表面と端だけだから問題ないといえば問題ないんですが。

 せめてこの季節だけでも傘を持ち歩こうかという話でした。
 そろそろ5月後半の返事をしないとなあ。

 
web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-06-16 21:52 | 日常雑記