一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

本の宣伝の話

 食べ物がなくなったのでちょっと自転車で買い物に行き、5分ほどでお店を出て自転車にまたがったらサドルの熱いこと熱いこと。
 もうクーラーつけてるよみたいな話を聞いて、おいおいまだ6月ですよ、はっははなどと笑ったことを猛烈に後悔したくなりました。
 っていうか最近は妙に暑かったり、かと思うとどしゃ降りだったりでなかなか厄介な日々です。こういうときこそがっつり食べるべきなのかもしれないですが、たてこんでいる仕事もあってご飯が面倒になり、麺ばかり食べてます。
 で、本屋にも寄って何冊か買ってきたのでした。

白夢 放課後の霧使い   瀬尾つかさ
宇宙をかける少女(上)   瀬尾つかさ
L3                坂照鉄平
花守の竜の叙事詩      淡路帆希

 敬称略で。帯がついてるとこんな感じ。
 上二冊は僕が何かとお世話になっている先輩作家瀬尾つかささんの本です。「白夢」は富士見書房さん、宇宙をかける少女は一迅社さんから出ております。
下は同期である坂照鉄平さんと、先輩作家の淡路帆希さん。Lは今回からイラストが変更になってますのでお見逃しなきよう。
 ちなみに坂照さんは大学生でして、ギリシャ語を専攻しているというのをこの前聞いたので、心の中でのあだ名が「ギリシャ」になりました。
 ギリシャというとまず僕の頭に湧き出てくるのは聖闘士星矢なのですが、あれって巻末の設定見たら中学生の主人公たちが高校生(白銀)や大学生(黄金)や社会人(教皇とか)を薙ぎ倒していく話だったんだよなーなどと……すいません。どうでもいい話ですね。

 僕の本の話は…………もう少しお待ちください。

 
web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-06-20 14:21 | 日常雑記