一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

三十七行日記

 ようやく一山越えました。

 なので解放感に浸りつつ、プライベート(作家ではない)の友人と遊びにいってきたのです。
 部屋に閉じこめられた状態から、さまざまなクイズを解いたりして脱出する「脱出ゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームがあるのですが、それを、会場を借りて公演として実現させた「リアル脱出ゲーム」というのがあありまして。

 これが廃倉庫とか毎回さまざまな趣向を凝らしてるんですが、今回は「マジックショーからの脱出」。

 ……ええと、脱出には失敗しました。

 いやー難しかった。
 ただ、頭の中のふだん使わないところをフル回転させた感じでとても楽しかった!

 このイベントは5月5日まで行われていまして、ネタバレになってしまうのでいまのところ詳細は語れないんですが、GWが暇で、かつお台場に行く余裕があって、更に行けるときに当日券がありそうなら(どんだけハードル高いんだ)行ってみると楽しめるんじゃないかなと。

 しかし悔しい。まあ、せめてもの慰めは僕が参加した日時でのイベントは「全滅」……脱出できたグループは一つもなかったことかな。僕だけじゃないんだよ! っていうか、その時は成功率が10%切ってるとか言ってたような記憶が。

 公演が終わってネタバレしてもよくなったら……うん、気が向いたらします。いや、また仕事に戻るし。文書の画面が俺を待ってるんやー。
 しっかしほんとGWとか関係ないなあ、この仕事。

 で、報告が一つ。

 ごめんなさい。
 一迅社文庫さんから来月出る予定だった「桐野くんには彼女がいない」ですが、一ヶ月延期しての6月発売となってしまいました。
 楽しみにしてくれていた方には本当に申し訳ないです。
 今後の僕のスケジュールは

 6月:富士見ファンタジア文庫:漂う書庫のヴェルテ・テラ3
    一迅社文庫:桐野くんには彼女がいない
 7月:一迅社文庫から、たぶん何か出る。

 となります。なんというか、そのよろしくお願いします。


 あとどうでもいいようなことを一つ。

 行数調整がいいかげんしんどくなったのと、三十行越えたあたりから正直読みづらくなったので行数日記はここで終わりにします。次あたりからはまあふつうの更新ということで。

 言い訳になってしまうのですが、仕事がもうちょっと忙しい状態が続きそうなのとかまあいろいろあって、更新に割ける時間が減る減る。
 そもそもタイトルが終了のままでそっちにも手をつけてない。それもまずい。
 なので、更新しやすい状態に戻そうと。まあそれで更新頻度が上がるかっていうと(スケジュール表を見ながら)ええと、がんばってみます。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-05-02 01:12 | 日常雑記