一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

拍手回答とか

 こちらでも宣伝してますが、拙著「千の魔剣と盾の乙女」1巻のサイン本、紀伊國屋書店新宿本店さんで現在置かせていただいています。興味のある方は、よかったら見ていってください。まだ読んだことのないという方もこの機会に。

 今回はひさしぶりに拍手回答しようかと思います。

 魔弾に元ネタがあるのに驚きました! ヒロイン達が可愛いだけじゃなくて戦線も主人公もちゃんとした意思もあって楽しみにして読んでます! by ライカ
 ありがとうございます。だけどもし元ネタがコレだとしたら、大変言いにくいことですが
 これ嘘だから。うん。
 そういえば今年はしんどすぎてついに四月一日ネタができなかったなあ。来年はやります。ずいぶん先の話だけど。


 えっと、日本語は不慣れですのでもし何か失礼なことでも言ったら、あまり気にしないでいただけると嬉しいです。実はここ二三日、魔弾の王に登場している神について色々と個人的に調べているんですが、ペルクナスやヴォーロスなどは難なく見つけたのですが、作中の風と嵐の女神エリスについての資料だけは中々みつかりません。自分の知っている言語すべてを駆使して調べたのですが、やっとわかったのはエリスヴォロチ(?)という名前だけで、それがどんな神なのか、そもそも本当にスラブ神話にこんな神が居たのか、それらについてはなんの情報や確信も得られなく、お手上げ状態で、仕方なく、こちらにコメントして先生に答えを乞おうとした次第です p.s.リーナを書いてくれて、ありがとうございます。 by シン
 ありがとうございます。ちょっと長かったので一部省略させていただきました。
 風と嵐の女神エリスですが、調べられた通りエリスヴォロチが元になってます。ヴォロチの部分を削った方が語感としてより女神らしくなるかなと考えて、エリスにしたんですね。
 戦姫たちの愛称を決めたときもですが、実はこういった細かな変更はちょこちょこやってます。
 で、このエリスヴォロチですが、スラヴ神話では聖なる嵐の神とされています。ただ、神の中ではドがつくほどのマイナー神で、名前が出てればいい方なレベルです(ものによっては神どころか一段下がって精霊扱いです)。もともとスラヴ神話自体、文字がなかったので他の神話にくらべて資料が少ないんですよね……。
 なので、言ってしまえば名前だけ借りたと言ってしまってもいいかもしれません。


 千の魔剣と盾の乙女10巻見ました、大台(?)おめでとうございます。
 ホルプ復活で涙が出てきたのは気のせいじゃなかったようです。感動しました。
 クライマックスがいつになるか不安になってきましたが、最後まで追いかけさせていただきます。
 ドラマCDはいつもの巻頭アシオ先生漫画のようで楽しませていただきました(笑)次がもしあれば、次もばっちしゲットする予定でございます。師匠ズ万歳っ
 魔弾が伸びたということで少し残念ですが、先生が体調を崩される方が悲しいです。ご無理をなさらず(というのも無理があるか…)温度差が変わりやすい季節なのでお気をつけくださいませ。 by 通りすがり

 ありがとうございます。10巻、ドラマ含めて楽しんでいただけたようで何よりです。
 体調についてはまだ完全回復とはいえない感じですが、ご心配をおかけすることのないようにしていきたいと思います。
 魔弾の延期については本当に申し訳ないというか……。やきもきさせてしまってすみません。お待ちいただければと。


 今回もサイン本は外れましたよと。ほんと当たらないですね…それだけ倍率が高いってことでなによりですが。そして特装版も来ました。初めて同じ内容のラノベを二冊買いました。来年の冬頃にはアニメ化とかしたらうれしいですね。 by とろけるちーず
 ありがとうございます。まさか2冊も買っていただけるとは……! サイン本はなんというか、お疲れさまでしたというか、また次の機会に是非と……。あと、一迅社文庫5周年記念プレゼントにもサイン本はあるのでぜひ応募してください。


 今回はこんなところで。あ、あと今日いただいたコミックフラッパー(6/5日発売)の表紙が「魔弾の王と戦姫」だったのでこちらも宣伝がてら載せておきます。
e0172041_117674.jpg



web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2013-06-05 01:17 | 日常雑記