一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、11月25日発売です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

24日はMF文庫Jの発売日でした・およびミス報告

 昨日は風邪をひいてほとんど一日寝ていました。病院だけは行って薬をもらい、ひとまずはおさまりましたが、季節の変わり目ってやばいですね。まったく。皆さんもお気をつけください。
 というわけで一日遅れてしまいましたが、昨日はMF文庫Jの発売日であり、23日(木)はフラッパーコミックスの発売日なのでした。
e0172041_22432291.jpg
e0172041_22433948.jpg

拙著    魔弾の王と戦姫10巻
細音啓  世界の終わりの世界録2

それから
柳井伸彦 魔弾の王と戦姫6巻
魔弾の王と戦姫アンソロジー
となります。

細音さんの世界録は順調に2巻。今回は秘境探検。そして3巻は2月発売だそうです。
また、細音さんは魔弾の王と戦姫アンソロジーにも小話を一篇、寄稿してくれています。興味のある方はそちらもぜひ。

柳井さんの筆によるコミカライズ版魔弾の王と戦姫は、ついに黒騎士ロランと決着をつけて南東にあるあの国との戦いへ。

でもってアンソロジーですが、実に多彩な漫画家さんやイラストレーターさん、作家さんにご参加いただきまして、すごいものができたなあと。こちらも書店で見かけたら、ぜひ。



最後に拙著「魔弾の王と戦姫」10巻なんですが、
今日、このようなコメントをいただいてですね……。

>はじめまして。魔弾の王と戦姫10巻、楽しく拝読いたしました。大好きなリムの活躍も見られて、そしてティグルが記憶を取り戻した後のエリザヴェータが精神的に成長した姿を見せてくれたことに、嬉しく思いました。第三部の開幕も楽しみにしています。ところで作中、気になったことがあります。259ベージでエレンが「気を失った」後、261ページには「白銀の髪の戦姫が目を瞠る」とあり、しかし262ページには「気を失っているエレン」「意識を取り戻したらしいエレン」と続きます。目を瞠った戦姫は髪の色や状況からエレンと推察できますが、するとティグルに抱えられていたエレンは気を失ったふり(もしくはティグルが勝手に勘違いをしていた)か、エレンが気を失った後、一時的に意識を取り戻して、再び気を失ったとも考えられますが、あるいは誤植でしょうか。できれば解説をいただきたく思います。 by 神崎みさお



新刊を買って、読んでくださったこと。それからコメントをくださったこと。本当にありがとうございます。

すみません。盛大にミスりました。

この手のミスはなるべく減らすように心がけてはいるんですが、今回は作業が非常にばたばたしていて、いくつか取りこぼしが起きてしまいました。いや、本当に申し訳ない。
修正すると、下記のような形になります。

「白銀の髪の戦姫は目を瞠る。彼女の命令なしに、この長剣の竜具が動いたからだ。」
→「白銀の髪の戦姫は依然として気を失っている。彼女の命令なしに、この長剣の竜具は動いた。」


他にも、たとえば306ページの「凍結した湖の氷を割り砕いて、」
→「凍結した湖の氷を割り砕いて筏を造り、」


などのミスがありまして、これらは重版がかかったものでは修正される予定です。現状では、いつ重版がかかるのかが分からないのがさらに申し訳ないですが。
以降の巻では、このようなことがなるべく起きないよう気をつけます。もう本当ごめんなさい。

というわけで、新刊の紹介とお詫びでした。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2014-10-25 23:59 | 新刊紹介