一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

8月5日のお話

 他の怪談でも言いましたが、技術が発達していくほどに彼らの力は増すのかどうかというのは、考えてみるとなかなか面白いことだと思うわけです。
 今回の首なしライダーだと、やはりバイクの扱いはどうなってるんかいなという点でして、これがフィクションに出てくるようなバイクでも具現化できるぜ、なんてことになったら一気にハイレベルの怪談に成り上がるわけですよ。個人的にはVガンダムに出てきたバイク戦艦で峠に現れてですね、ギャラリーに「おいおい、バイク戦艦かよ」「あんなのありなの」「『地球をバイク乗りの楽園にするために』とかドゥカー・イクごっこするつもりなの。首がないのはウッソの母親の方なのに」とか会話をかわしてほしいですね。あと仮面ライダー555のジェットスライガーで峠の壁面を駆けたりね。
 ちなみに僕はバイクを持ってもいなければ全然乗れません。友達のバイクの後ろに乗せてもらったことは何度もあるけど。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2017-08-05 11:48 | 日常雑記