一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、11月25日発売です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

縁日の話

 みんな大好き井上堅二さん(美少女)の『バカとテストと召喚獣』がコミカライズされるようで。おめでとうございます。↓
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/11news/11news.html#_090327a
 とりあえずFBOnlineに掲載されていたイラストには秀吉の姿がなかったのががっかりでした。違うだろう? そこに秀吉も描きいれなければバカテスのメインテーマである「ハーレムの前には胸の大小など些細なこと、ましてや性別をや」が表現されて……僕の家に火がつけられる前に自粛しようと思います。

 さておき、おひさしぶりでした。うまくいけば毎日がホリデーだぜ、などと甘い考えを抱いていたのが懐かしく思える日々を送っている昨今ですが、みなさまいかがお過ごしだったでしょうか。
 僕は仕事をしたり、本を読んだり、がんばってMAPを覚えたり、やっぱり仕事をしたりという日々を送っております。そんな暮らしだと「最後に喋ったのは何日前のスーパーのやりとりだったっけ」となりかねないので、先日ひさしぶりに散歩に出ました。息抜き息抜き。
 でまあ、最寄り駅といってもひとけの少ないほうを無目的に歩いていると、縁日にさしかかったのですね。
 たこ焼き、綿飴、杏飴。他にも射的もあったしお面も売ってたし、焼きそば、串焼き、じゃがバター、お好み焼きなど多種多彩。
 四つ隣ぐらいの屋台が同じものだっていうのはデフォ。町内会すばらしい。
 ちょうどおなかもすいてたし、何食べるかな、マックや牛丼じゃなくてあまり食べてないものがいいななどと思っていたところだったので、てきとうに買って食べ歩きました。適度にゴミ箱が設置されてるのもありがたい。
 とまあ、いろいろなお店が並ぶ中で、特に印象に残ったのはドネルケバブ。
 それと餡餅(シャーピンだったかな?)とベトナムラーメン。
 ケバブについては説明する必要はないかな。
 ベトナムラーメンはまっすぐで細い白い麺にいかにも辛そうな赤いスープとニンニクの匂いが強いという変わったラーメンで、見た目どおり辛い。けどおいしかった。本場はもっと辛くてニンニク臭が強いらしいけど、これより辛いと僕には食べるのが辛そうです。
 飴餅はえーと、ちょっと変わった餃子というか、生地は餃子と同じものらしいんだけど(お店の人がそう言ってた)食感がだいぶ違う。中身は餃子と同じで、これもまたおいしかった。
 珍しかったせいか他の店に比べてあまり売れてはいなかったみたいだけど、こういうのも国際化というのかなあなどとどうでもいいことを考えながら散歩を終えて帰りましたとさ。

 そして帰れば仕事ですよ仕事。星図詠のリーナの2巻がもし出るとしたら、たぶんケバブか飴餅かベトナムラーメンが出ます。
 
 
 
web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-03-29 10:32 | 日常雑記