一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、絶賛発売中です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

2009年 09月 02日 ( 1 )

告知の話

 今月の19日にドラゴンマガジン11月号が発売されるのですが。
 僕の新作の一部が掲載されることになりました。文庫自体は来月の10/20発売になります。


「漂う書庫のヴェルテ・テラ」

 まあ相変わらず何語ざますか、みたいなタイトルですね。
 本当は「漂う書庫の断罪星導師」で、ヴェルテ・テラは断罪星導師のルビ(振り仮名のこと)だったのですが、画数の多い漢字が多すぎるよということでこのようになりました。
 たしかライタークロイスのときも最初は「騎士勲章」ってタイトルで同じ話をしてた気がするなあ……。
 で、まあまたファンタジーです。内容は……


“書物”が失われた世界で、究極の書を求める落ちこぼれ星導士!

[ 著者 ]川口士  イラスト:雛祭桃子

[ 内容 ]
帝国の崩壊後、新たな勢力『聖堂』の検閲・焚書により世界から多くの書物が失われた――。『万巻の書』と呼ばれる少女レジィナと旅するジグウォルは伝説の書を求める旅を続けるが『聖堂』から追われるはめになり!?


 どこまでぶっちゃけていいかわからなかったので、富士見書房のHPから転載。こんな感じの話です。
 ひとまず今月発売のドラゴンマガジンを読んでいただいて、興味を持っていただけたらなあと。
 ライタークロイスやリーナとはかなり作風を変えたつもりなので、その辺を含めて楽しんでもらえたらなあと思います。
 よろしくお願いします。

 で、リーナといえば、一迅社文庫編集部のブログで発表していたのですが


 川口士『星図詠のリーナ』が、グローバルな話題から先端技術の紹介まで、最新情報満載! 測量界で活躍する人のための専門誌・月刊「測量」 の9月号 の書籍紹介ページで、1/2ページも使って紹介していただけました。ご紹介、ありがとうございました。


 月刊「測量」さんで紹介されたらしいです。
 や、たしかになんかずいぶん前にそんな話を聞いたような気がしたけど。担当さんに「わかりました。お願いします」でそれっきりだったので……。
 月刊「測量」編集部さま、ご紹介ありがとうございます。

 というわけで9月はじめはひさびさに仕事のお話でした。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2009-09-02 00:12 | 仕事情報