一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

2017年 08月 04日 ( 1 )

8月4日のお話

 メリーさん、その能力というか設定的に、固定電話が一家に一台当たり前のものとなってから生まれたのでしょうが、もしもそれ以前に存在していたらと考えてみることがあります。強制的に相手に言葉を伝えるわけですよ。声は難しいので、手紙とかそういうものになるんでしょう。相手が閉め切った部屋にいても、たとえば窓をぶち破ってでも手紙を届けるのでしょう。と、そこまで考えてつのだじろう著「恐怖新聞」を思い出したのでお開きとします。



web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2017-08-04 20:31 | 日常雑記