一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、11月25日発売です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

2017年 10月 18日 ( 1 )

10月18日のお話

 力で身を守ることはできますが、金で身を守ることはできません。
 もちろん金を使って力のある者を雇うなり、武器などを買うなりすれば身を守ることはできますが、結局身を守るのは力ということになります。
 ドラマなどの終盤で金持ちの悪人がやられるときの「金がほしいのか。金ならいくらでも(ズキューン)」という、まああんな結末が待つわけです。
 金を使って身を守るには、それなりの知恵が必要です。知恵も力もなければ、その金さえ守れません。
 などとぐだぐだ語ったところで、ノルウェーの昔話「北風のくれたテーブルかけ」まいりましょうか。

 少年が、パンを焼くための小麦粉を家の外の食料庫から取りだして家に運ぼうとしていた。
 そこへ北風が吹いて、小麦粉を吹き飛ばしてしまう。少年は北風を追いかけ、北風の住む氷のお城にたどり着いて訴える。
 北風は小麦粉はないと答え、代わりにどんなご馳走でも出てくるテーブルかけを少年に与える。
 少年は喜び勇んで家路を急ぐが、途中で泊まった宿でテーブルかけの秘密を主人に知られ、すりかえられてしまう。
 家に帰ってもテーブルかけはうんともすんとも言わない。少年は再び北風のもとへ行き、訴える。
 それではと、北風は今度は金貨を吐きだす羊を与える。少年は喜び勇んで(中略)やはり途中で泊まった宿で羊をすりかえられ、三度、北風のもとへ。
 北風が次に与えたのは悪人をこらしめる杖だった。少年はやはり宿に泊まり、今度は杖をすりかえようと忍びこんできた主人を、杖で打ちのめす。そうしてテーブルかけも羊も取り返した。めでたしめでたし。

 北風もずいぶん気前がいいものですが、3度目にあげたものが「悪人をこらしめる杖」とは、なかなか考えたと思われます。
 もしも少年が北風をだまして財宝をいくつもせしめようとしているのなら、渡した時点で杖が少年を打ちのめすでしょう。そうではなく、もしも少年が何者かにだまされているのなら、少年に必要なのは財宝ではなく、悪人から身を守る力です。だって財宝を守るだけの力も知恵も勇気もないんだもの、この子。知恵と勇気はそう簡単に湧いてくるものでもないので、とりあえず力を持たせるのが手っ取り早い。
 そして、これは少年が悪人にならないための抑止力にもなります。少年が首尾よく財宝を取り返したとして、杖があるうちは道を踏み外すことはない。それなら問題ないと、北風は思ったのではないか。
 いつか杖に代わる力を身につけたとき、少年は杖を必要としなくなるのでしょう。



web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2017-10-18 23:47 | 日常雑記