一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日常雑記( 634 )

拍手のお返事2月分


 がんばってたよ!

 やー、ご無沙汰してました。3週間振りぐらい?
 4月馬鹿とか全然やる余裕がなかったなあ。
 で、まあようやく一段落しましてね……そこそこ元気にやってました。1日が24時間しかないのはおかしいよね(おかしいのはおまえの時間の使い方です)

 しかしまあ話題のないことないこと。世界樹Ⅲは買ったけど未開封だし。

 あ、ひとつだけあった。
 僕はゲゲゲの鬼太郎が好きで、その作者である水木しげるも好きで、だもんで今月からはじまった朝ドラ「ゲゲゲの女房」を見ているわけですが(この時間帯の番組を何も気にせず見られるのがこの仕事のいいところだね)。
 水木しげるの作品のヒット如何によっては「悪魔の女房」とか「河童の女房」になったんじゃなかろうかと思うと鬼太郎がヒットしてよかったとつくづく思います。

 しかし、そんな1日15分しかやってない朝ドラのことしか話すことがないのって、どうなんだろう正直。
 お仕事はまあいろいろやったりはしてるんだけども、話していいタイミングがもう少し先だったりとかね。どうかお待ちください、という感じで。
 それじゃ、ものすごく今更感があるけど2月分のお返事をするよ。



>表紙が赤→ピンクと来るとは派手ですね。
>表紙はリシェルか~。

 でした。かわいく描いていただいたなあと。明るい感じもあって気に入ってます。

>色調がピンクとはリシェルは可愛らしいですのう。まあジグウォルに対しては乙女なんで似合ってますけど。
 報われるといいよね、彼女(死亡フラグ表を見ながら)

>書庫の略称ってどれが一番一般的なんでしょう?
 打ち合わせでは「書庫」としか言ってないですねえ。友達と話すとき「べってら」って言ったことはあったけど。

>書庫に腋巫女出してー。
 腋とはまたマニアックすぎますな。

>ジグウォルは星撒きを。
 節分の頃にいただいたものですね。おもちゃの星ならいいけど、持ち技の方なら世界が飛ぶなー。

>2巻の売上はどうですかね?
>ヴェルテ・テラ、2巻で売上がどうなるか、気になりますねー。
>二巻の市場での動きはどんな感じか担当さんから聞いてませんか?

 んー、悪くないらしいです。けっこう気になるもんなんですかね?

>ジグウォルは星導銃とか創り出し使えるようになったり。
 あー、まー飛び道具は欲しいですね。義手に大砲仕込んで、みたいな。

>ジグウォルは兵法書の知識活かしまくった戦いもしてほしい。
 やーらしい本をたくさん読めばそれが活かせるとでもいうのかね?

>3巻の表紙は2巻で登場の女王になるかそれともティベリアになるかそれが問題だ。
 僕も知らない。まあご期待ください。

>アンケートハガキとかが無いので、ヴェルテ・テラ2巻の感想ってどこに送ればいいのでせう?
>書庫2巻の感想はドラマガに乗ってたメルアドに送っといたけどそれでいいんでしょうか?

 いや、もうなんというかありがとうございます。たぶん送り先はそんなとこでいいかと。一応今度聞いておきます。

>ハーレム最高
>やっぱりハーレムだよね

 しかし本物のハーレムは調べれば調べるほどグロというね。そういうの知ると最初に空想上のハーレムを考えたひとはすごいと思う。最高っすね、ハーレム

>ヒロイン達→ジグウォル→書物 ジグウォル書物にマジ惚れすぎてヒロイン達カワイソス
 だいじょうぶ。うちの子は女の子にも興味あるから。

>漂う書庫二巻、買いました! そんでもって速攻読みました! ライタークロイスの二巻もそうでしたが、ヒロイン対決がすごく面白かったですw by キリシマ
>二巻面白かった、ティベリアの誘惑とか凄い良いよおっぱい、リシェルとレジィナの嫉妬合戦も良いよ
>新刊買いました! by 耳栓
>書庫2巻買って読み終わりましたよ。今回も面白かった。次の巻も期待しています。

 ありがとうございます。楽しんでいただけたようでよかったよかった。
 ヒロイン対決は評判いいんですよねえ。
 あと、いただいた感想はもちろんすべて読ませていただいてますが、ここに載せるときは省略してることもあるんで、ご容赦を。

>女王良い。
>女王様にガンガン出番を~。
>女王がもっと女としてジグウォルに絡む展開を。

 ありがとうございます。出番の割に好評ですね、この子。出番は……まあその内ね。

<span style="color:rgb(0,153,51);">>主人公としてジグウォルの成長の早さは楽しみ。しかし師匠勘違いしてたけど生きてる? ということは昔喰われてなくても今喰われる可能性も、ジグウォルの貞操。
 貞操に関してはご想像にお任せするとして、師匠さんは生きてますね。

>なんという失敗フラグ<書庫 今回の聖堂襲撃で失敗してレジィナの中の星導の書を優先して読むようになるフラグですね
 そのあたりはまあ3巻をお待ちください。

>次はリーナの3巻か書庫の3巻か・・・
 ごめん、たぶん書庫3巻が先。

>星天使とな?
 ゴセイジャー?

>ヴェルテ・テラの虹目さん、その目の能力の中に一時的に女体化するのも混ざってたりしない?
 ないない。

>実質三行のあとがきに衝撃を受けました。 
 前シリーズの頃から割とあんなもんです。

>書庫2巻がない………。生徒会もない。でもテツワン2としゃっぷる8はあった…。 by しぇろ
 別にいただいた拍手を見ると、いまはご購入いただけたようでありがとうございます。楽しんでいただけたでしょうか。

>川口さんの次の本は何月に出ますか?
 6月、かな?(不確定)。いずれまた告知するのでよろしくお願いします。


 それからタイトル募集の件。これが最後になりました。いまいろいろやってるんけど、やーすごいすごい。もうちょい待っててください。

>やめて! ブログのタイトルはもうゼロよ! ってだめ? むしろ、このままがいい! by 高三
 このままでいくのは正直に言うと僕がいやだ。

>美少女がおっぱい正義なんていっちゃらめぇぇぇええ!!・・・ですよ??ってことで タイトルぅぅぅ「おっぱい正義blog」もしくわ正義の「せい」を生のつく漢字n(以下略) by 望月さなぎ
 あの石踏さんだっておっぱいをタイトルにしてないというのに、僕ごときがそんなおこがましい真似は……。

>いまだタイトル案が決まらないということで、一風変わったタイトル案を考えました。その名も『タイトルを募集するけれど、採用する気は無いブログ』。いや~現実って残酷ですね。 by 遊美心
 うん、もうちょっと待ってて。
 
>なんか、まだタイトルを募集しているようなので 廃人の廃人による廃人のためのブログ by rezu
 だいじょうぶ! ネトゲは好きだけどなったことはない!

>2月か、タイトルはまだこのままかな?そういえばタイトルの募集状況ってどうなってます?
 締め切りました。集計中ですが、一年募集しただけあってすごい量です。さて、どうするかな。



>月刊(?)ネコミミ勧誘2月号連絡欄「ネコはこたつで丸くなってますので今月はいいや」 by 2月分
 まだ2月みたいな寒い日があるよねえ、もう4月も半ばなのに。

>最近ですが路面が凍ってたせいで原付でこけましたorz 幸い無傷でしたが靴下とズボンに穴が(泣) by ノブ
 無傷で済んだのがなによりです。靴下とズボンの換えは聞くけど、怪我は痛いし、治るまで時間がかかるしね。

>太ったら美少女というレッテルが危うく! by といじゅー
 現在やせるためにがんばってる! まだ道は遠いけど!

>僕のクリスマスは学校でしたよ インフルエンザで閉鎖しましたから まあ、受験生だし一人で過ごすよりクラスの仲間と過ごすほうが楽しいからよかったんですけどね by イースターモアイ
 ここはリア充め! と言っておいたほうがいいのか? ああ、でもインフルはそんなところに影響してたんですねえ。

>バレンタインデーのチョコつくんのめんどい。お金なくなるし・・・・。美少女つくって?そしてちょうだいぃぃぃぃ!!!!! by 望月さなぎ
 ならば金のかからないものにすればいいのです。必ずしもチョコじゃないといけないってわけでもなし。そういや中学校の頃だったか、バレンタインデーと家庭科の実習が重なっててなんか食わされた記憶が……。

>立春を迎えたから、そろそろ(花粉症)ですね!
 2月はじめ頃にいただいたんですが、どうなんだろう。僕が平気なせいか、なんか今年はそれほどでもないような……? でも知り合いは何人かやられてるからなあ。みなさんもお気をつけください。

>初めましていつも観させていただいています。豆を撒く理由は知りませんが豆を煎るのは豆から芽がでたら鬼の言いなりになると人が鬼に言った後、芽が出ないようにそうしたとか。信憑性は知りません。執筆がんばってください応援してます 
 おお、おもしろい話をありがとうございます。執筆もがんばります!

>南西南なんてありませんよ! 西南西はありますが、それは「西の南西」でもう片方は「南南西」。「南の南西」です。
 記事をあげたあとに調べて知りました。恵方巻食べたあとすぐにビニール捨てちゃってねえ……。

>鋼鉄の壁を穿つ豆鉄砲
 その豆は何でできているのかね。

>節分で豆をまくのは、豆が魔滅に通ずるから。昔からの風習は結構語呂合わせ的なモノが多いんですよ
 確かに昔からの縁起ものには語呂合わせが多いイメージがありますね。それにしても摩滅と書くとかっこいいのに、絵になったら豆をばらまくだけになるのか……。 

>恵方巻、ちいさいときからやってましたよ。関西だから?うちだけ?どちらかわからないんですが。そして1つ、質問がありまして。バレンタインチョコを送らせていただいてもよろしいですか? by たか
 最近できた風習ってわけでもないから地域差ですかね、恵方巻。僕の家はこの手の行事は割としっかりやってたので、恵方巻だけやらない理由もなかっただろうし。

>私はカレーにエリンギを入れて食べるのが好きです。食感が楽しめますよ。
 エリンギいいですね。キノコ類は全体的にカレーによく合うと思います。安いし栄養あるしで僕もいろいろ試しました。

>カレーは自炊でしか食べてない今日この頃。店カレーがどれだけのものか試してみたくなったじゃない。 by 猫に食べられた
 店によっての差はありますが、自炊とは違うおいしさがありますね。個人的な印象かもしれませんが、店員がインド人で構成されているようなお店だと、匂いや辛さがよりくるものがあります。

>辛いものにはお茶より牛乳のがいいみたいですよ? 舌の表面を保護して辛味を抑えるだかなんだかで。
 あ、それはありますね。本格インドカレー屋みたいなとこで食べたときもラッシー(だっけ?)がおいしかった。

>カレーの食いすぎか、最近胃が痛いです。一回作ると3日間は三食カレーになります。それが週に一回一ヶ月続くと胃の調子が悪くなります。インド人はなんで大丈夫なのか・・・・。そんなことより漂う書庫のヴェルテ・テラ2そろそろ発売ですね!アマゾンで予約します!
 いやいや、インド人だって毎日カレー食べてるわけじゃないから! でも、カレー作るとそればかりになるってのはわかります。いろいろ工夫凝らすとまあ食べられますね。個人的に麺類とは相性いいですね。うどんとかパスタとか。あとお買い上げありがとうございますー。

>タイ料理のレッドカレーが辛くておいしいですよ。無印でレトルトが売ってます。これはあんまり辛くないけど。
 へえ、タイのカレーはグリーンしか知らなかったな。名前からして辛そうですが、その内食べてみますかね。

>新刊の宣伝がついでー!?
 うーん。そのへんは出るよ!出るよ!買って!買って!というのが苦手というか。いや、そっちのが宣伝としてはまっとうなんだけどね。窓に!窓に!ってフレーズは好きなんだけどなあ。

>間に合ったかなー 逆とか友とかあるんだからいいと思う カレーには合わない。 by ちーよーこーれーいーと
 大鍋につくって少し入れるんだったらいいと思う>チョコレート。さておきちーよーこーれーいーと、って響きは小学生の頃にやったジャンケン(グリコ、チョコレート、パイナップル)を思いだすなあ。
  
>最近更新が多くて週1で覗きに行くようになってしまいました・・・責任とってもらえますk…(殴
 その後、ここまでぼろぼろになるとは当時の僕は全然思ってなかったのでした。まあ少しずつ復帰していきます。

>ロマンなら、角のゴミ捨て場に捨ててありましたよ?w by みち
 くそっ、なんて時代だ! まあ、でも割とそのへんに捨てられてるかもしれないなあ、ロマン。それを誰かが拾って再利用したり。

>またドラクエ3リメイクされないかなぁ。FCみたいなゲームバランスに戻して。SFCで改悪だった部分は削って。改良と呼べる追加要素を追加して。あとは勇者(男)を最強化してほしい。
 3の勇者は割と最強設定だった気がしますね。専用装備があってギガデインとベホマズンを使えるのは僕だけ、みたいなところとか。

>6では勇者も誰でもなれますしねー。やはり3が勇者のピークかな。そして7の主人公はどうして精霊の加護受けた主人公のみの精霊関係する特殊職に就けなかったのか。そして9は堕天使だの聖天使などなぜに天使関係の特殊職に就けなかったのか、以前に何故に新鮮味のある職業が増えなかったのか。ぶっちゃけ主人公にはクリア後の隠し要素で良いので主人公だけのチート気味の能力手に入れてほしい。
 主人公の主人公たる所以、みたいなものですかね。

>そうなんですか。モンスター仲間にできないんですね……。たしかに、SFC版でも、あまりパーティーにいれてなかったですが。でも、はじめから息系を覚えてる彼らは役に立ったんですけどねぇ。たしか。 by たか
 ドラクエ6DSの話。やっぱり全体攻撃の多い子は重宝しましたね。あとドラクエだったらスライムだろ、みたいな感じでスライムを長く使ってみたり。

>いや、凄くわかります。ゲームとか小説だと中二って大切ですよね。主人公=自分になって感情移入しちゃいます。自分が昔スーパーファミコンで6やった時は、仲間キャラのイベントがほとんど無くてガッカリしたことを覚えています。キャラの過去も性格もほとんど語られること無く終わってしまって、これじゃあ傭兵と一緒だなぁと思いました。DSで追加イベントとかあるなら買おうかなと思ってましたが、会話システム以外は無いみたいですね・・・・。
 イベント的な追加要素はあまりなかった気がしますね。楽しかったといえば楽しかったんですが……。

>あのドラゴンはバーバラじゃないのでしょうか? のちにドラゴラムを覚えますし、小説版ではそのような描写があった記憶が……結末も小説版のほうが僕はよかったなあ…… by くるとん
 小説版ではそうだったんですか。や、僕ゲームしか知らなかったので。
 そうだとしたら、ドラゴンバレみたいなイベントは欲しかったですね。今回はバーバラよく使ったので。

>おぉ、ピンボケじゃない!
 以前は携帯電話のカメラでしたが、いまはデジカメを使ってます。そのせいでサイズが変わったりもしてるんですが。

>おめでとうございます、でもそういう話題は早めにふっとかないと。
 誕生日だったときにいただいた拍手。他にもくださった方、ありがとうございました。
 まあ、31(だったはず)にもなると、割とどうでもいいというか。こういう仕事だとなおのこと年齢とかどうでもよくなるというか……。

>ツンデレって定義が広すぎるよ。最近はツンツンしてるくせに完全に主人公の言いなりなツン奴隷の方がエロスを感じて好きだよ。
 それはツンなのか……?

>>事務処理能力 むしろ美人秘書を侍らせるべきかと。
 その「美人秘書」とはあなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

>誕生日おめでとうございます、実は自分も22日生まれで22時22分にメールが飛び込んできたりとおもしろかったです。あと川口先生のために誕生日ケーキ買いました、とてもおいしかったです。乾杯!
 ありがとうございます。そしておめでとうございます。お互い末永くご健康でありますように。

>手島先生がまた惚気てますよ!奥様のために書いたなんて!ラブラブにもほどがあります! うらやましすぎる><
 手島さんは日常トーク=惚気がデフォだと最近知ったのであまり気にならなくなりました。
 その内「マルクの女房」とか書かないかな、奥さん……。

>タイトルいつの間に!?何になるんでしょう・・・・・?? by 望月さなぎ
 もうちょっと待ってて。いま作ってる。

>あぁっ!募集終了になってるぅ! …でも、更新はしていない。お、更新はいてない、うん声にすると違和感ないな。いつかネタに使ってね。 by しぇろ
「し」はどこにいった。

>このまま募集終了というタイトルのままだったら指さして笑う
 新しいのの用意が滞りまくってるので最近それもいいかなと……嘘ですよ、ちゃんと……その内、きっと。


というわけでお返事でした。またぼちぼちやっていきます。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-04-15 10:10 | 日常雑記

三十五行日記

 がんばりたくなーい。

 はい、現在修羅場真っ最中の僕にがんばりたくないお化けがとりついています。これにつかれるととにかくいろんなことががんばりたくなくなってしまうのです。

 具体的には仕事の合間に部屋の掃除をやったりします。

 でもそのあとすぐ散らかりましたとさ。置きっぱなしにした本とかで。あっれー。
 あ、もちろん仕事もやってます。やってますとも。

 まあそんな感じでいろいろと忙しくて更新できなかった、ということにしておきたいのですが、そうそう30何行も稼げるネタがなかったというのも割と事実で。

 たとえば、天気のいい日に外出したらもう外界では桜が半分ばかり飛んじゃっていて、華やかさもだいぶ薄らいでるなあ、とか
 蕎麦はどこで食べても割と同じだけど、てんぷら蕎麦になった途端、店によって一気に評価が変わるなあ、とか
 最近日ごとの温度差が激しいせいか睡眠時間が増えた気がする。っていうか3月ってこんなに寒かったっけ、とか
 モスバーガーの期間限定ダブルバーガーを食べたけど、あれは持ち帰りにすると潰れ感が半端なかった、とか
 そもそも世界樹が先月出てれば(やる暇あると思ってるの?)、とか。

 そういえば、最近やたらと眠いので(だいたい6~8時間はしっかり寝てるんですけどね。寒いからかな)理想の一年とか考えたこともありました。

 1月……年明け。世の中が動きだすのは5日以降でありまだまだ余裕があるはず。寝る。
 2月……まだ冬は終わらず。冬眠して力を蓄えるクマを見習って寝る。
 3月……冬の終わり、春の始まり。でも日数が短い2月が忙しくて疲れているので寝る。
 4月……桜舞い散る春の到来。春眠暁を覚えず。寝る。
 5月……花粉症のピーク。涙と鼻水で衰えた体力を回復させるため、寝る。
 6月……梅雨の季節。重苦しい天気と湿気によって気が滅入ったので寝る。
 7月……夏の予感。徐々に暑くなっていくだろう日々に備えて寝る。
 8月……ただもう暑いので体力の消耗をおさえるために寝る。
 9月……残暑と涼風。穏やかな風に吹かれて適度な陽射しの下で、寝る。
 10月……読書と食欲と睡眠の秋。おいしいものを食べ、おもしろい本を読んで、あとは寝る。
 11月……冬の気配。寒さに耐えるために部屋を暖かくしたらぽかぽかしてきたので寝る。
 12月……冬。コタツを出す。みかんを食べながらいつのまにか寝る。

 というわけで、忙しさに加えて、こんな感じの日々の雑多なことだけしかないという、そんな感じの日を送ってます。
 いっそラジオ番組とかみたいに3つか4つぐらいの話をてきとーにするとかにしようか。

 そういえば一迅社さんでの新作の話もちらほら出てますが、それは次回か次々回に。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-27 23:39 | 日常雑記

今月の紹介

 僕は自転車に雨除けとして自転車カバーをかぶせているのですが、今朝見たら自転車が倒れている上にカバーがどこかに吹き飛ばされていましてね。

 去年だか一昨年だかの台風のときも一夜明けたらなくなっていたんですが、今回もやられてしまいました。やー、風の強い日でしたね。なんか各地では強風による事故もあったようで。

 僕? 仕事してるか寝てたよ=家から一歩も出ませんでした。

 さて、昨日いろいろあって更新し損ねたのですが、昨日は富士見ファンタジア文庫の発売日なのでした。
 
e0172041_20554799.jpg

 葵せきな  生徒会の火種
 石踏一榮  ハイスクールD×D6
 師走トオル 火の国風の国物語9
それと下2冊は新人さん
 直江ヒロト へヴンズ・ダイアリー
 山田有   スノウビー、見つめる


 こんな感じかな。
 あと、僕の書庫ですが、先日担当さんとの打ち合わせでは、2巻は順調に売れているようでして。本当にありがとうございます。で、3巻ですが。

担当さん「何事もなければ3巻は6月ですね(意訳:原稿を早く完成させましょうね)」

 と言われました。がんばります、はい。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-21 21:08 | 日常雑記

番外:都条例

 今回はちょっと真面目で堅苦しい話をします。

 他の作家さんもとりあげてる「東京都青少年健全育成条例」改正です。
「2次元児童ポルノ」規制案とも呼ばれたりしています。

 といっても「2次元児童ポルノ」は煽り文句のようなものです。
 実際はポルノに限らず、非常に広い範囲の創作物を対象にしています。
 漫画やアニメなどに登場する18歳未満のキャラクターを「非実在青少年」と規定し、
 こうしたキャラの性的描写や暴力描写があるものを成年向け作品、一般作品を問わず「悪質な商品」として「不健全図書」に指定、販売と閲覧を禁じるものです。

 もう少し噛み砕いていえば、漫画やアニメを作る側に対して

「あなたのつくっているものが健全なものかどうか審査します。
 ただし、こちらの主観であって公平性、客観性はありません」

 であって、そういうものを楽しむ側に対しては

「あなたの見ている漫画やアニメが健全なものかどうか審査します。
 ただし、こちらの主観であって公平性、客観性はありません」

 というものです。
 そもそも創作物に対する規制、という時点でこの条例は表現の自由を侵害しており、非常に問題があるのですが、より恐ろしいのは条例の中でのさまざまなことについて、定義ができてない、設けられていないということです。

・客観的な基準がない

 性的描写、暴力描写を規制するといいますが、そういった描写かどうかを判断するのは「条例を制定した側」です。客観的な基準はありません。
 何に対して性的なものを感じるのかはひとそれぞれです。何を暴力と思うのかも、です。

「〇〇だけど、規制対象になったから」
「え、なんで?」
「〇巻の〇ページを見て。ほら、主人公が友達にデコピンしてるでしょ。暴力行為じゃない」
「(えー?)いや、でもそれは友達同士の……」
「子供が真似したらどうするんですか!」
「いや、だからですね……」
「子供が真似したらどうするんですか!」
「…………」
「子供が真似したらどうするんですか!」

 とか

「〇〇だけど、規制対象になったから」
「え、なんで?」
「〇巻の〇ページを見て。ほら、ここに描かれてる仏像の腰のラインがいやらしいでしょ? 性的な描写ですよ、これは」
「(えー?)いや、でもそれは仏像ですし……」
「子供が性的欲求を覚えたらどうするんですか!」
「いや、だからですね……」
「子供が性的欲求を覚えたらどうするんですか!」
「…………」
「子供が性的欲求を覚えたらどうするんですか!」

 こんなコントにもならないような世界になります、マジで。
 自分が読んでいるものはエロ描写も暴力描写もないから関係ない、となる可能性は限りなく低いです。判断するのは向こう側なので。

 パンチ一発ノックアウトが物足りないと読者は思っても、規制を推進する側が過剰と判断すれば、過剰な描写となってしまうのです。

 これについて問い質した際に向こうが返す
「みなさんが懸念している〇〇は規制対象には含まれません」
 という言葉は、正確には

「〇〇は規制対象には含まれません、いまのところは。今後、我々の中の誰かが問題視したら、条例に沿って粛々と規制します」

 です。この曖昧さが、もっとも恐ろしいところなのです。


・根拠がない

 そもそも、そういったものがよくない影響を与えるといっても、それはニュースや映画といった他の媒体も同じなのですが、それを言い出すときりがないのと「じゃあ、それはあとで規制するからとりあえずこっちを先に」で逃げられる可能性が高いのでやめておくとして。

 そういったものを規制すれば健全な人間ができあがるという根拠がない。
 そういったものを規制しない場合、健全でない人間ができあがるという根拠がない。

 青少年健全育成、子供のために、というお題目を掲げる割にこのあたりについてデータがまったくないのです。
 そもそも健全な青少年、という定義も曖昧ですが。エロ本1冊読んだら人間失格ですかね?

 むしろ世界的には、悪影響を与えるという結論が否定されています。一時期まことしやかに囁かれたゲーム脳も、いまでは笑い話の種にしかなっていません。


・理解がない

 規制を推進している側に、作り手に属しているひとはいません。
 そして、彼らはこれらの媒体を理解せず、一方的に、暴力的に排除しようとしています。(彼らの中には、作り手たちを障害者と認識するべきだ、と侮辱する発言をしたひとさえいます)

 一例として、この案が出されたときパブリックコメントの9割が反対を唱えました。にもかかわらず、彼らは案を見直すこともなく採択の場まで強行に持っていきました。
 そうした姿勢の方が、よほど子供や現実の青少年に対して悪影響を及ぼすと思うのですが。



 歴史は、規制によって状況が悪化したことを教えています。
 中国では焚書によって多くの文化物が失われたし、アメリカの禁酒法はマフィアが生まれる土壌を作りました。

 それは外国の事例ではないかと思うかもしれないですが、日本でも過去に似たような規制が行われたことがあります。

 明治時代、黒田清輝という画家の描いた裸体画を猥褻であるとして、絵の上から茶色の帯を巻いたという事件がありました。
 現代においては、この作品はごくふつうに美術品として扱われています。
 当時の当局の行動は愚行以外の何物でもないのですが、帯を巻いた側は自分たちが間違っているとは思っていなかったでしょう。

 アニメや漫画が悪い影響を与えないとは言い切れません。
 ですが、よい影響を与えているのは確かです。

「キャプテン翼がなければサッカーをやらなかった」というサッカー選手がいます。
 アトムやガンダムを見て、こういうのを作りたいという一心で科学者を目指したひとの話も聞いたことがあります。
 半村良という作家が「作家は読者の成れの果て」と言ったことがありますが、おもしろかったり感動した漫画や小説に触れて、漫画家や小説家を志したひとはいると思います。(ちなみに僕はそうです)

 今回の規制は、そうしたひとたちが生まれる機会すらも阻害してしまうのです。
 後に続く者がいなければ、その文化は廃れてしまいます。
 そして、その作品が、それに触れるひとたちにどのような影響を与えるかはわかりません。
 その作品が世間からどのような評価を与えられるのかも、上に挙げた黒田作品のように、時間の経過を必要とするものが多いのです。

 自重や自主規制は必要だという声があるのはわかります。
 ですが、線引きというものは本来、制定側と作り手側とが協議を重ね、慎重に、丁寧に進めていくべきものです。
 決して一方的に制定されるべきものではありません。まして、彼らはこちらの言い分に聞く耳をもっていないのですから。


 ……長々ととりとめなく述べてきましたが、ようするに僕はこの条例改正案に反対です。


 たとえば、エレベーターの中にあなたともうひとりの見知らぬ人がいるとして。
 その見知らぬひとは手に包丁を持っている。
 そのひとは言う。
「刺しませんよ」と。
 刺さないと言われたって安心できるもんじゃない。そのひとは続けて言う。
「刺しませんが……あなたが私の定めたルールに反する台詞を言ったり行動をとったりしたら刺します。そういうルールですから」

 こんなホラーはいやですから。


 僕は区民なのでひとまず自分とこの区担当の都議会議員に封書を送りました。
 もしもこの記事を読んで、この案に危機感を覚えた方がいてくれたなら、何らかの形で反対の意思を表明してくれると嬉しいです。
by tsukasa-kawa | 2010-03-16 23:01 | 日常雑記

三十四行日記

 殿中でござるー!

 はい、今日は浅野内匠頭長矩が吉良上野介義央に切りかかった日ですね。浅野が本当に正しかったかどうかについては最近いろいろ説が出てきてますが、それはおいといて。
 一週間近くご無沙汰してました。


 ところで先週、上月さんと会ったときのこと。

僕「そういやれでぃ×ばとの新刊買いましたよ」
上月さん「いやー今回は裏表紙がすごいやばいんですよ。見たときこれはどう考えてもアウトだと思いましたね」
僕「そうですか? 僕、買うとき全然気になりませんでしたけど」

 その後、自宅にて。
「(読み終わったあとあらためて裏表紙を見る)……あ、落ち着いてよく考えるとやべーわ、これ。……まあここだけふつうだとしても帯や口絵だってアレだし、今更アウトとかセーフとか(続きは削除されました)」

 そんなれでぃ×ばと11巻は絶賛発売中(←これを書けばたいていのことはOKだと思ってる)

 さて。先日和歌山に行ってきました。日帰りで。
 取材旅行なんてたいそうなものじゃないんですが、まあ原稿的にいろいろ必要がありまして。といっても原稿に活かされるかどうかは正直不明なんですけどね。

 だって、行ったのってこんなとこばっかだし。

e0172041_18352088.jpg

e0172041_18354766.jpg


 山やら神社やらをいくつか歩きまわってきたんです。

 いやーしんどかった。運動不足と、あと体力の低下を実感しました。
 一日のほぼ半分を電車の中で過ごすことは事前に調べてわかっていたのですが、やっぱり疲れます。東京から新幹線で名古屋まで行き、そこから特急に乗り換えて三重県を縦断、海岸に沿って和歌山の某所へ。

 そこからひたすら歩く歩く歩く。

 日帰りであることや、帰りの電車が一本逃すと次が3時間後になっているのでけっこう余裕をもって駅に戻れるようスケジュールを組んだため、まわる範囲をかなり絞りはしましたが、まあ収穫はあり。

 残念だったのは上記の通り強行軍だったので食事に気をつかう余裕がなかったこと。
 昼は車内で駅弁、というのはまあ予定通りだとして、現地が駅→住宅街を抜ける→山or神社だったので腹が減ること減ること。梅と蜜柑の直売所ぐらいしか見なかった気が。
 ああ、でもマクドナルドはほんとどこにでもあるとは思った。

 翌日は予想通り筋肉痛だったのですが、この日はこの日で大事な予定があり。
 週末使って寝るかと思ったけど確定申告が終わってなかったり。そんなこんなで割と今朝までぐでーとしてました。結論としては運動しよう、体力つけよう。明日から。


※追記:富士見でも屈指のゲーマー師走トオルさんにリンクいただきました。火風こと火の国風の国物語9巻は今月発売です。(←これを書けばry)

web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-14 20:15 | 日常雑記

三十三行日記

 世間では先週から今週くらいが卒業式だったりするのかな。進学、卒業、就職等々、ともかくその地点にたどり着いたということでおめでとうございます。

 で挨拶をさくっと終えてですね。今日スーパーに行ったら寿司が半額だったんです。

 寿司はけっこう好きなんですが、友達と外食するときぐらいしか食べる機会がないんですね。
 あ、半年ぐらい前にネット出前で一度だけ食べたことがあったかな。珍しくて。
 味や量に比べてお値段はちょい高めでしたけど、まあ出前って他のでもだいたいそんなもんだと思うのでまあまあでした。

 ともかく半額だったのです。既にカゴには肉やら野菜やらが入っていたのですが、まあ冷蔵庫に入れておいて明日食べれば問題ない。安いんだし、たまにはいいよね。

 というわけで買ってきたのですが、いざ食べようという段になって、醤油を切らしていたことに気づきました。そういえば昨日の野菜炒めも醤油がなかったから塩胡椒で食べたんだっけとここで思いだします。

 いまから買いに行くか? でも買い物から帰ってきて、冷蔵庫にものをしまって(ここで気づけよ)、着替えて、一息入れてくつろいで、ということのあと。はっきりいってまた着替えて家を出るのはめんどい。

 そのとき、僕の頭に天使がささやきました。

「調味料ならあるじゃない」

 そう、頭の悪そうなエンジェルさまが言う通り冷蔵庫にはソース、マヨネーズ、味ぽん等々いろいろな調味料があります。醤油じゃないとダメって誰が決めたの、と僕は勇んで小皿を複数枚用意して、スーパー寿司にレッツトライ。

 ソース:ダメ。ごはんはともかく魚に合わない。魚の生ものさ加減とソースのくどさと辛さが耐えられない。これが最初に食べたものだったんだけど、ソースのあの強い匂いが鼻をついてむせた。

 マヨネーズ:難しい。スーパーの寿司だったんでご飯が冷たくかたくなっていたせいかそっちと合わない。魚との相性はものによる。エビとかならそれなりにいける。

 味ぽん:きっつい。味ぽんの酸味が強すぎ。

 味噌:口に入れた途端ぶほっとか変な声が出た。味噌の味が強すぎ。醤油の仲間的にいけると思ったんだけどなあ。

 塩胡椒:悪くないけど……触感が微妙。

 七味唐辛子:食べもので遊んだ僕が悪かったです。寿司といっしょにお茶を買っておいてよかったと心底思った。

 というわけで、いろいろ試したあと、仕方なく着替えて近所のコンビニへ向かった僕がいましたとさ。やっぱり寿司には醤油がいちばんだと思いました。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-08 23:21 | 日常雑記

三十二行日記

 3時頃にベッドに入ったのだけどなんでか2時間過ぎても眠れなかったので更新。
 やっぱりあれかな。ホットミルクを飲んでストレッチをしないと駄目なのか。

 しかしまあ、更新とかいっても特に書くようなことはないんですよね。
 仕事はまあいろいろやってますが発表とか報告とかできるようなことはいまのとこないし。

 原稿やって、確定申告をちまちまやって(期限日に出せばいいやと思っていて期限日にえらい顔をしているタイプ)、世界樹の迷宮を買いにお店に行ったら更に延期したことを知ってあっれー、という生活。

 ひな祭り? あれは子供の、そして女の子の行事ですよ、ははは。(当たり前といえば当たり前だけど何もなかった)

 あ、そういえば。
 電気ひざかけ毛布というものを買いました。
 2月はじめくらいまでコタツに座椅子で仕事してたんですが、この体勢ってけっこう腰が痛くなるんですね。病院に行くほど深刻ではなく、1日ぐっすり寝れば治るぐらいのものなんですが。

 とはいえ、なにしろ下手すれば一日中コタツから出ない生活です。特に寒い日はいかにしてコタツから出ずに済ませるかを考え、洗濯や掃除を先送りにしてもだいじょうぶかどうかを真剣に考えて1時間2時間を無駄に潰す非生産的な日を送っていました。結局やったけど。溜まるとアレだし。

 でまあ、この現状をなんとかしなければと思いつつ、脚の長いコタツはねえかなあ、などとコタツ離れのできない若者を演じていたところ、ある作家さんから電気ひざかけ毛布の存在を教えていただきまして。

 コタツから出ずにパソコンをいじくってamazonで買った。何年か前の本とか、よっぽど見つからないものでもない限りamazonなんて使わないんですが、あまり考えずにマウスをクリックしていたあたり、もうなんか駄目だ。

 というわけで、ようやくコタツと別れ、椅子に座って作業をしているのですが、これがなかなか快適です。現物をチェックできない通販の欠点で、足首のあたりまでしか毛布が覆ってくれず、靴下が必要な状況なのですが(もうひとまわり大きなものを買えばよかったかな)、それ以外は不満もなく。

 これをメインに使うと決めたのでコタツはしまうことにしたのですが、それで思ったのは手軽さですね。毛布だから。コタツはコタツで非常にいいのだけど……もう少し忙しくなければコタツのままだったかも。

 それにしても、冬の間にコタツから離れた生活を送ることができるとは思わなかったなあ。

 とここまで書いてきたところでようやっと眠くなってきました。おやすみなさい。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-06 06:44 | 日常雑記

三十一行日記

 いまのアパートで8年ほど過ごしてきて最近知ったんですが。
 どうも僕は実家からの仕送りで暮らしているニートか何かと思われていたらしいのです。

 まあ、自分の生活を振り返ってみるとわからんでもないというか。
 そもそも起床時間が一定じゃない。忙しくなれば調子のいいときにかっとばすため、昼起きたり夕方起きたり夜起きたりなんてことも。

 外出は基本的に普段着。スーツを最後に着たのはいつだったっけ、てな具合。
 僕が住んでるアパートは住宅街にあって周りは一戸建てばかり。住んでる方も年配やお年寄り。昼間とかによく井戸端会議してたりする。

 買い物の時間も割と適当。昼に出ることもあれば夕方だったり夜だったり。近所のひとと顔を合わせればそれなりに笑顔で挨拶もするんですが、向こうからしてみれば真昼間に眠そうな顔で家から出てくる三十代なんてそりゃあなあ……。

 そうかー。8年間もかー。っていうか特に誤解を解いたりはしてないから今後もこのままかー。近所のコンビニや美容院なんかでも仕事は、って聞かれたときはてきとうに濁してるし。

 さてそんな不規則怠惰に生きてる僕ですが、仕事している間以外はテレビなりラジオなりをつけっぱなしにしているので、そのあたりからどうにか昨今の世情に触れることができています。

 なんでも、そろそろ花粉症の季節だそうで。
 今日の寒さとか考えるとえ、もう? って感じなのですが、しかしもう3月ですし、予防も含めて考えるといまぐらいから気にした方がいいのかもしれません。

 といっても僕はかかってからなんとかするか、でいままでやってきたので特に予防とか考えてないのだけども。

 学生の頃だったかな、まぶたは腫れる、鼻水は止まらないでえらい目にあったことがったのですが、そのときは親にお灸をすえてもらいました。耳に。

 も少し詳しくいうと耳たぶのてっぺん。そこにつまようじの先分ぐらいの量を乗せるんです。一瞬だけちくっと痛い。
 正直半信半疑だったのですが、これが何日か続けたらだんだんよくなってきましてね。おかげでその年はそれ以降悩まされることもなく乗り切りました。

 で、それから毎年お灸を、ということになれば進研ゼミにも連載できそうな話になるのだけどそんなことはなく。それ以降あまりひどい花粉症にかからなくなったということもあって、いまではせいぜい目薬ぐらいしかしてないような。

 まあ、だからこそそのときのことが記憶に強く残っているんでしょうけれど。みなさん予防はお早めに。僕はめんどいのでかかってから考えます。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-03-02 23:32 | 日常雑記

三十行日記

 三十行まで来てしまいました。どこまで行くんだろう。

 でまあ、タイトルを昨日だかに変えたんですが、ついにこのブログをはじめて一年が過ぎましてね。ネタがないばかりに思いつきでやったことだったのに、みなさんここまでつきあってくれて本当にありがとうございました。
 正式なタイトルは……3月中には、ええ3月中にはきっと。考えてちまちま作業しているんですが、これがなかなか……。

 さてこれがいつものように話題が……ああ、あった。
 車にひっかけられました。水を。泥水を。

 ようやっと雨がやんだと思って買出しも兼ねて外出したのですが、そのときにね。

 考えてみれば雨が降った日はお休みにして家から一歩も出ないことにしておけばよかったのですよ。ほら、カメハメハ大王だって雨が降ったらお休みで、とか歌ってるじゃないですか(終わらない休みをあげようか)。

 話を戻すと、暗かったから向こうもそんなスピード出してたわけでもなく、僕も車道寄りに歩いてたわけじゃないから水をかぶったといっても左脚の膝から下あたりで、ダメージはむしろ精神的な面が大きかったのですが。あの場所にそんな大きな水たまりがあるなんて全然気づかなかったから不意打ちだったしね。

 言ってしまえば世の中的にはよくあることで、ちょっと運が悪かっただけなんです。

 ただまあ、それが行きにくらったことでして、ここで一旦家に帰るのが面倒でそのままスーパーに行って、歩いている間中左足がぐちゃぐちゃいって気持ち悪いことといったらもう。

 スーパーでの買い物も、おおむね必要なものは買えたのですが、おお、これは買っておこうとか、安いのが手に入ったラッキーみたいなのがなかったのもおもしろくなかったというか。ま、このへんはやつあたりですね。

 この感情と感触はいつか使ってやる、絶対に仕事のネタにしてやるぞと内心で息巻きながら帰ってきて、足を拭いて着替えて、シャワーを浴びなおすかどうか考えたりしつつ、だからよけい悔しかったのかもなあとか思ったりして、いまこうして、ああ、これがあった、っていうかこれしかなかったとか思いながら書いているという。

 それにしても、仕事のネタにしてやるというのは帰り道に本気で考えていたのですが(リーナなりジグウォルなりを土砂降りの中歩かせて馬車で泥水を浴びせるところまで文章含めて組み立ててた)、これはなんだろう、こういうのも職業病なんだろうか。

 今後もまあこんなブログですが、みなさまなにとぞよろしくお願いします。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-02-28 23:58 | 日常雑記

二十九行日記

 昨日はいつもより暖かかったですね。

 でさー、僕自宅勤務だからさー、まーなんですか睡眠時間を調整できるわけですよ。

 朝8時:カーテン開けてついでに窓も少し開けながら「おー、なんかあたたかいなー。今日はゴミ捨てとかないし、特に出かける用事もないからもう少し寝るかー。あと1時間ぐらい寝てからでも問題ないしー」

 午後4時:「うわ寒っ! あれ? なんで薄暗いの? もしかして夜が明けた夢でも見た?」

 そのあと時計を確認し、テレビをつけて、あーあーあーあーあー……。
 調整どころの話じゃなく。ちょっとした処理とかご飯つくったりとか買い物行ったりとかしてたら一日が終わった。なんてこったい。

 そんなわけでネタがないので何日か前にクリアしたDSドラクエ6の話でもしますね。


 ストーリーはSFC版と同じというか、違う点があったとしてもわからなかったかな。だらだらやって、30時間ぐらい。中盤かなりダレたけど最後までやったんだし、やる気が持続したってことなわけで。全体的には楽しんでいたと思います。
 おもしろかったんですが。(ですが、と続けてしまう気分になるのがなあ)
 
 リメイクでわかると思ってた天空装備の名前の由来やムドー城に乗りこむときのドラゴン、ミレーユの過去なんかがやっぱり語られてなかったんですね。

 あのドラゴンはその後どうなったのか。あれだけ派手なエフェクトにしておいて、ムドー後、まるでなかったかのような扱いというのはどうよ。

 会話システムにおけるミレーユを、僕は「教えてミレーユ先生」と呼んでいたのだけど、それぐらいこの子はこっちが忘れていた情報を思いださせてくれる一方で、背景がさっぱりすぎるという子でした、個人的に。ガンディーノ周辺の事情はどうにかわかるけど、そこから魔王退治にどうしても結びつかない。
 ちなみにテリーのことは「ヤムチャみたいなベジータ」と呼んでいました。少し強くなってたけど使わなかったなあ。っていうかドランゴ強すぎ。あいつバギ系とかに耐性持ってるんだもん。

 結局バーバラと別れる結末だったのも残念かな。ハッピーエンドじゃなきゃいやとはいわないけれど夢を謳ってる割に夢がないなあと。ドレアム20ターン以内に倒して見れるのがアレかよ

 えーとまあつまらなくはないので、ひさしぶりにドラクエ6をやりたいとか、4や5での会話システムが楽しめたひとならお勧めできるかな、うん。それにしても僕はドラクエだけでどれだけ日記を書いたのだろう。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-02-25 01:09 | 日常雑記