一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:新刊紹介( 63 )

新刊紹介

 少々ばたばたしておりまして、二日ばかり空けてしまいました。
 さて、昨日17日はガガガ文庫とJノベルライトの発売日でした。
e0172041_22360638.jpg

細音啓   ほま高登山部ダイアリー
手島史詞  デスクトップアーミー ハーメルンの笛吹き妖精

細音さんの新作は今までとは違う、現代を舞台にした登山部青春活劇。
手島さんのはメガハウスが展開中の「デスクトップアーミー」のノベライズ、その2巻目。
興味を持たれたら、ぜひ。

というわけで、短いですが新刊の紹介でした。


by tsukasa-kawa | 2017-02-18 23:57 | 新刊紹介

新刊紹介

 そういうわけで、今日はMF文庫Jの新刊の発売日です。
e0172041_18425197.jpg
細音啓    世界の終わりの世界録9
柳実冬貴  英雄なき世界にラスボスたちを

細音さんの世界録も9巻に至り、いよいよ決戦へ。ここまで来ると、もうあとは見守るしかないですね。
柳実さんの新作は、それぞれのいた世界から異世界へ送りこまれた主人公たちの、世界を救う珍道中。
興味があればぜひ。
最後に拙著「魔弾の王と戦姫」16巻、よろしくお願いします。



by tsukasa-kawa | 2017-01-25 19:20 | 新刊紹介

新年のご挨拶並びに

 もうカレンダーは18日とかなっていて、実に1月の半分以上が終わってしまっているのですが、みなさま明けましておめでとうございます。今年も作家の端くれとしていろいろな物語を出していきますので、楽しんでいただけたらと思います。
 まあ18日どころじゃなく、ブログでいえば3ヵ月ぶりですからね。言い訳になりますが11月から年明けぐらいまでは本当に忙しく、自分の本や他の作家さんの本を紹介する余裕もないぐらいで。ツイッターでつぶやいたりRTしたりはしていたけれど。
 その内、その内と思う間に今日に至ってしまいました。いや、ごめんなさい。
 ようやく何とか持ち直したので、まあ、また一ヵ月に一度ぐらいかもしれませんが、つらつら更新できればと思います。前にやったように三行日記を復活させた方がいいのかもしれん……。
 さて、去る日曜日15日はノベルゼロ、GAノベルスの発売日でした。
e0172041_12231873.jpg
細音啓   ワールドエネミー
手島史詞  ナベリウス封印美術館の蒐集士

細音さんの新作は人間と怪異が戦う世界において、怪異たちのいわば大物であるアークエネミーに挑む若き最強のハンターの物語。
手島さんの新作は魔術師が作った美術品と言われる数々のアーティファクトを回収する二人の蒐集士(コレクター)の物語。こちらは短編連作形式ですね。
興味を持たれたら、是非。

あと、先月の20日に発売した拙著「折れた聖剣と帝冠の剣姫」4巻も、よろしくお願いします。
e0172041_12315604.jpg
それでは、今回はこんなところで。

web拍手を送る

by tsukasa-kawa | 2017-01-18 12:32 | 新刊紹介
 暑い……。いや、ここ最近涼しくて秋らしくなってきましたなあと思っていたところに、この暑さですよ。半袖の服を全部しまってなくてよかったと心から思いました。
 さて、今日は一迅社文庫と富士見ファンタジア文庫の発売日です。紹介するのは2冊ですが、同じ作者という、珍しい日です。
e0172041_20314594.jpg

瀬尾つかさ   高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない2
        ワールド・イズ・コンティニュー

高度に発達~は一迅社文庫から、新作ワールド~は富士見ファンタジア文庫からの発売となります。
高度に発達~の方は、一迅社文庫版はとりあえずここまでとなりますが、続きをどこかで検討しているとのこと。ワールド~は異世界に召喚された主人公たちが、何度も生き返りながら冒険をするファンタジー。
よかったら手に取ってみてください。
それでは、今回はこんなところで。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-10-20 22:33 | 新刊紹介
 一ヵ月ぶりですね。夏が終わったと思ったら、急に寒くなるわ台風が次々に来るわ雨も降るわで洗濯も部屋干しにせざるを得ない昨今ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 タイトルにも書きましたが、昨日23日はフラッパーコミックスならびにMF文庫Jの発売日でした。昨日のうちに更新したかったんですが、冬に出すものの原稿で詰まっていまして、申し訳ない。
e0172041_1356511.jpg

柳井伸彦 魔弾の王と戦姫10
細音啓  世界の終わりの世界録8

柳井さんの手で、実に5年にわたって連載されてきたコミカライズ版魔弾の王と戦姫ですが、この10巻で完結となります。原作では5巻までですね。この10巻のおまけ漫画は、魔弾シリーズを読んでくださっている方にはぜひとも見てほしいと思います。
表紙及び裏表紙のイラスト案はいくつかあったのですが、やはり最終巻ということで、ティグルとエレンがそろっているものを描いていただきました。
柳井さん、お疲れさまでした。そして、今まで本当にありがとうございました。

そして、細音さんの世界録もついに8巻。崩壊した世界で、竜姫との再会を果たしたレンは、他の仲間をさがして旅を続けるが……といったところで、世界録は同日にコミックアライブで連載しているコミカライズ2巻も発売しています(買えなかった)。そちらもよければぜひ。また、細音さんは11月にガガガ文庫からも新作を出されるそうで、そちらもいずれ紹介したいと思います。

それと、細音さんからデビュー10周年(9/20だったんだけど完全に忘れていた)を祝っていただきました。ありがとうございます。
e0172041_15411092.jpg



というわけで新刊の紹介でした。それでは冬の新刊を楽しみに。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-09-24 15:37 | 新刊紹介

 東京ではなんだか毎週ごとに新たな台風が接近している気がするのですが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。僕はとりあえずいろいろ買いこんで、籠城戦にしゃれこもうなどと思っています。こういうとき、この仕事はありがたいですね。
 さておき、本日はMF文庫Jの発売日です。
e0172041_13230918.jpg
 拙著「魔弾の王と戦姫」15巻、本日発売です。先週発売した「折れた聖剣と帝冠の剣姫」3巻ともども、よろしくお願いいたします。

 ところで、今回この15巻には限定小冊子という特典がありまして、こちらのリンク先の下段に書かれているお店でご購入いただけると、これまでの話やキャラクター紹介、没ラフ画などをまとめた20Pの小冊子をもらえます。ただ、申し訳ありませんが数量に限りがありまして、先着順になります。



web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-08-25 13:25 | 新刊紹介
 台風が週単位でやってきているように思える最近ですが、いかがお過ごしでしょうか。僕は先日、巷で話題のシンゴジラを観てきまして、これが期待以上におもしろかったですね。怪獣のアクションはもとより見せ方が上手いなあと。
 さて、本日は一迅社文庫の発売日です。富士見ファンタジア文庫の発売日でもありますね。
 
e0172041_20311955.jpg

拙著「折れた聖剣と帝冠の剣姫」3巻発売です。よろしくお願いいたします。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-08-20 00:01 | 新刊紹介

今月は新刊が2冊出ます

 はい、おひさしぶりです。だいたい2ヵ月半ぶりですね。
 更新しないとなあとは常々思っていたのですが、仕事がなかなかはかどらずにいつもより時間がかかってしまい、仕事ばかりなのでとくに話すようなこともなく…という感じでずるずる来てしまいました。いや申し訳ない。
 さて、タイトルにも書きましたが、今月は新刊が2冊出ます。
 まず1冊目。8/20に一迅社文庫さんから「折れた聖剣と帝冠の剣姫3」
 表紙を飾るのはファルの姉アルトことアルトレイア。
e0172041_1565625.jpg

 エルドームでの激戦から帰還したルシードとファル。
 長くパルミア、カーヴェルに伝わってきた聖剣伝承に疑念を抱く二人のもとにパルミア王国から政権を奪ったクログスター将軍からの使者が現れ、ルシードにとって受け入れがたい要請を伝える。
 時を同じくして、ファルの姉にしてパルミア第一王女アルトもまたルシードたちの前に姿を現し、正統王家の長としてクログスター政権に反旗を翻したアルトは、妹のファルとルシードに合流を促す。幼馴染にしていっときは兄弟姉妹のように育ったルシードらは快くアルトを迎え入れるのだが、姉の隠すことのないルシードへの好意が徐々にファルの心を曇らせていく。
 再会を果たした王子と王女、4人の新たな体制は何をもたらすのか?!


 次に、8/25にMF文庫Jさんから「魔弾の王と戦姫15」
 こちらの表紙を飾るのはリーザこと戦姫エリザヴェータ=フォミナ。
e0172041_157658.jpg

 空前絶後の大軍で侵攻してきたムオジネル軍は、ブリューヌの総力の結集と戦姫たちの助力、そしてティグルの乾坤一擲の活躍でついに退けられた。人々が祝杯を挙げ、王都の復興が進む中、これまで以上に声望を高めたティグルは思いがけぬ人物からの告白を受ける。今後やらなければならないことと、ブリューヌの人々が望む英雄としての未来との間で思い悩むティグル。時同じころ、風雲急を告げるジスタートでは、ヴァレンティナの野望がついに形となって動き出す。ティグルたちの動向を伺う魔物たちも、悲願達成のために牙を剥く。息つく暇もなく、さらなる大きな時のうねりの中で英雄の戦いは続く――大ヒット最強美少女ファンタジー戦記の最高峰、第15弾!

 また発売日が迫ってきたら、あらためて告知などする予定です。
 というわけでひさびさの更新は新刊の紹介でした。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-08-10 02:33 | 新刊紹介
 早くもお婆ちゃんが麦茶の量産体制に入りそうなくらい暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。五月ってこんな暑かったっけ。
 さておき、3日前の5/20は一迅社文庫とファンタジア文庫の発売日でした。
e0172041_1312033.jpg

瀬尾つかさ  高度に発達した魔法は神の奇蹟と区別がつかない
手島史詞   戦艦学園グラムリッター3

瀬尾さんの新作は、学校の一部が一千年前の世界にタイムスリップしてしまったファンタジー。
手島さんのシリーズはここでひとまず一区切り。お疲れさまでした。

僕の方は、いまガリガリ書いている最中でして、前の記事でも書きましたが、夏ぐらいに出せるのではないかと。いますでに夏ぐらいに暑いけどね! 時期が近づいたら、こちらやツイッターなどで発表できると思います。
というわけで遅まきながら(最近多いな)新刊の紹介でした。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-05-23 13:59 | 新刊紹介
 ほとんど二ヵ月ぶりですね。こちらの方ではおひさしぶりです。
 ちょっといろいろあって更新する余裕がなかったのですが、まさか自著の宣伝すらしてなかったとは。さておき、明日5/1は角川スニーカー文庫の発売日です。とはいえGWのこの時期は本屋に置かれる日がずれるのが当たり前でして……。
e0172041_23324555.jpg

瀬尾つかさ  横浜ダンジョン3

前世を持つ少年響と仲間たちの戦いの物語もこの巻で完結とのことで。お疲れさまでした。
あと発売から10日近く過ぎてしまいましたが、4/20に発売した拙著「折れた聖剣と帝冠の剣姫」2巻もここで紹介しておきますね。
e0172041_23543150.jpg

1巻ラストから約4ヵ月後、とある国の王女がルシードたちに頼みごとをしてくるところから物語ははじまります。こちらもよろしくお願いします。
 というわけで、本当にぎりぎりですが新刊の紹介でした。それではよいGWを。ちなみに僕のGWの予定は仕事です。ええ、仕事です。たぶん次は夏ぐらいに出せるんじゃないかな……?


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2016-04-30 23:56 | 新刊紹介