一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:一〇八とは( 1 )

一〇八とは

 ※投稿日時は初更新以前に調整したものです。※

 いえ、まータイトルの「一〇八(仮)」ね。これの意味についてなんですが。
 このブログをはじめたころ、タイトルがまったく思い浮かばなくて募集したんだよね。
 で、ありがたいことにみなさんいろいろなタイトルを考えてくださって、それがタイトルかぶり(あるんだよね、不思議なことに)を除くと108個になったという……。

 できれば、それを日ごとに変えて表示みたいなことをやりたくて試行錯誤してて、その間(仮)ってことにしていたんですが、どうも無理っぽくてね……。
 そんなこんなでぐだぐだやっているうちに一〇八の方が定着しちゃったというか、いまさら変えるのがアレっぽい雰囲気にというか、時勢を逃したのがちらほらというか、そもそもこんなに集まるとは思ってなかったから決めきれなかったというか……。

 長々と言い訳を書き連ねてきたけど、まあ本ブログのタイトルはそういう事情の所産なのです。送ってくれた方々にはほんと申し訳ありません。
 どんなタイトルが来たのかは下記に挙げておきます。みなさま、ありがとうございました。

・押忍! 自分は33歳ボディビルダー(男)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!
・美少女が好きな美少女
・タイトル付け下手な人のblog
・タイトルがないっていうのがタイトル
・●川●口●士●
・尾錠所
・我輩はブログである名前はまだ無い
・べっ、べつにタイトルなんかないんだからねっ!
・≡□+|
・去り際の出会い
・川口士サマの世界せーふく日記
・存在が下克上的
・栄養が持って行かれるサプリメント
・美少女の黄昏
・目指せT-1BLOG
・川口士は頑張って生きています
・つかさの育成日記
・黄昏よりも暗き存在
・士のつかさ
・もうタイトルを募集してないblog
・一億二千万人の姉のblog
・裸眼じゃないから恥ずかしくないもん!
・川口士(漢)の日記
・まずタイトルを以下略
・豚骨>塩醤>油=味噌
・美少女 through the blog title
・再びタイトルを募集するところから始めるblog
・タイトルを募集しつつ敢えてどれも採用することの無いblog
・兄貴達の夜
・名前が読めないblog
・倍プッシュふぁ
・無題上等!
・ライトノベル作家川口士のブログです
・漢・川口士・かく語る
・タイトルの募集は打ち切りました
・タイトル募集は終了しました
・タイトルを募集したところからはじまったBlog
・Blogです
・ブログ(川口士)
・か川口土(本物)のblog
・全力でがんばっている作家のBlog
・ごろごろぴかぴか
・つかさんち
・野郎100%
・母さん、事件です
・ブログ綴りの士
・眼鏡
・うみゅーん
・全てを無に帰す者のブログ
・他社作品にあやかるブログ
・狛犬LOVE
・拝啓お母様
・母に捧げる僕のぶろぐ
・ラノベ日和
・作家の日々を見られるブログ
・まったりとした日常をつづるブログ
・「ア」
・ブログチツカサ
・川愚痴士
・タイトル?何それ?おいs(ry
・未定で安定
・海の電波塔
・昨夜書いたラブレター
・どばごしゃん
・★大切なあなたへ贈る秘密の日記★
・カワグチ・イナダ・ツカサ・ブログ
・常に何かを募集するblog
・目指せ、月刊川口士
・ライターツカサ
・星図詠のツカサ
・八百万の名を持つブログ
・日替わりブログ定食
・(前略)(中略)(以下略)
・士のヒ・ミ・ツ基地♪
・名称変更の館
・ツンデレではないです
・へんじがない ただのつかやんのようだ
・鍵憶・。+。・*Blog
・毎日変えます
・永久にタイトルが決まらないブログ
・地図さえ詠めない美少女のブログ
・プラスマイナスゼロ
・士魂文才
・赤くて3倍
・ニコニコ士
・あああああ
・通りすがりのラノベライターだ! 覚えておけ!
・懲りタイ(夏)
・世界☆崩壊 人類☆掌握 やっぱり☆ダメか
・ツカサのステーキハウス「リーナ」(冷麺始めました)
・TSUKASA-ON-LINE
・冷し中華はタレしだい
・引きこもり作家とその仲間たち
・川口士の“続きはブログのSSで!”
・バルサミコ酢
・TSUKASA-戦国時代
・四季折々、徒然なるままに
・黒歴史
・タイトルなんて必要ない。ブログは中身で勝負だ!!
・ツカサおるたなてぃぶ
・キャプテン士
・たまに拍手の設置を忘れる
・川口士の四方山話
・\(^o^)/
・因果切断!web拍手を異次元の忘却の彼方へ!
・蒲公英みたいに強く生きてみたりするブログ
・日々進化するブログ
・ラスボスは〆切
by tsukasa-kawa | 2009-02-26 00:00 | 一〇八とは