一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、11月25日発売です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

二十一行日記

 正直な感想を申しあげるとですね。
 サン〇リーの新商品チョコレートスパークリングは微妙。
 口をつけたときに漂ってくるチョコレート臭はすごくいいと思うんだけど、直後に舌にくる炭酸がまるで合ってない気が……。

 とまあ、コンビニで試しに買ってみたドリンクの話題で冒頭トークを終わらせたところで。

 カレーをつくりました、ひさしぶりに。

 ここのとこ忙しくてコンビニ弁当かネット出前かで済ましていたのですが、いいかげん嫌気がさしたというか。正確にはコンビニカレーを食べながら「俺のつくるカレーのほうがうまい」なんて考えだしちゃったもので。(←この時点でメンタル的にかなりきてるよね)
 まあ、自分の作るカレーは材料から何から自分に合わせてあるわけで当たり前なんですけどね。

 僕が作る自分のためだけのカレーはたまねぎ、ジャガイモ、にんじん、豚肉を必須にして、もうひとつ新しい具を何か入れるというもの。
 だいぶ前にカレーの具をいろいろ試した時期があって、そのときのメモを見てみるとですね。

 ほうれん草:どろどろに溶けるし味もない。   インゲン:苦い。合うとは思えない
 たけのこ:すごく合う気がする。でも高い。   なす:まあまあ。揚げたほうがいいのかも。

 こんなの。今回はホタテ貝を使ってみることにして(ちょうど安く売ってた)、少ししょっぱかったところは工夫しないと駄目っぽいけど、割といい感じでした。

 今度は香辛料とかてきとうに入れてみるかなあ。あ、ちなみにカレールウはバーモント>こくまろ>ゴールデンてところです。

 作家らしからぬ日記だけど、ま、こんなもんだよね。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-31 23:59 | 日常雑記

二十行日記

 DSドラクエ6を買いました。
 仕事状況がかなりアレなので当然のように開封してません。ってかできるのいつだろう……。

 ドラクエ6は、スーファミでやったことがあるんですよ。ただ、記憶が割とおぼろげなんですね。
 覚えてるのは序盤から中盤と、あとテリーのあまりのダメっぷりぐらい。

 たいていのRPGでそうなんですけど、後半で仲間にするキャラほど強さが中途半端で、よほど愛着がない限り前線に立たせられず、ほとんど飼い殺しになるという……。
 ドラクエ4とかFF6以降とか、RPGじゃないけどFEシリーズとか。

 テリーはほんとそんな感じでした。即戦力にはならないし。演出はよかったけど、キャラクターが主人公に直接関連がなかったのも個人的にはきつかったかな。

 スーファミ時は主人公、ハッサン、ミレーユ、バーバラでほぼ固定だったのですが、このパーティ構成も「ゲーム開始時点で既に仲間という認識だった」ハッサン、ミレーユのアドバンテージはけっこうなものだったと思います。

 そういえば、似たようなことはDSドラクエ5のときも思ったんですよね。

 新しい嫁候補のデボラはおもしろい子でした。キャラとしてのバランスもよかったし。
 でも個人的にはビアンカ>>>デボラ≧フローラだったんですね。会話システムであるていど補完されるとはいえ、やっぱりイベントがあるかどうかって大きいです。
 リングを取りに行くイベントの前後あたりに、フローラorデボラが試練か何かを受けるような固有イベントでもあってくれれば、対等になったんじゃないかなあ。

 とまあ、なんだかんだ言ったけど、いろいろ楽しめるだろうなあと漠然と思ってます。覚えてない部分多いし。さて仕事仕事。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-29 15:27 | 日常雑記

十九行日記

 ありゃー。
 というわけで連続更新は十八日で頓挫しました。いやはや、二日も空けてごめんなさい。
 なんでかっていうと、まあ生活リズムが乱れたからなんですね。夜8時ぐらいにどうしても眠くなって仮眠をとったら熟睡で、起きたのが午前1時とか2時とか……。
 まあ、こっちの〇〇行というのは続けられる限りやってみます。というわけで今日の日記。


 小人の靴屋というおとぎ話で思ったのは、小人の技術力ってどんだけなのだろうということだったりする。

 僕も仕事に追われていると、寝ている間に妖精とか来てくれないかなと思うことがたまにあるのだけど、はたして彼らは僕と同じものを書いてくれるのだろうか。
 文の上手い下手、表現レベルの高さ低さというのは置いておくとして、僕の書く文にも間違いなく僕なりの癖のようなものはあるわけで、そのへんを正確に反映させてくれるのか。

 だいたい小人にだって彼らなりのセンスはあるはずで「かかとに初音ミク描かね?」「じゃあ俺側面にハルヒ描くわ」みたいな会話の末に痛靴ができたりしたかもしれない。でも防水とか通気性とか完璧でやんの。機能重視の客や、ミクやハルヒが好きな人にバカ受け。即日完売。

 や、もちろんもっとまともな靴だったんだろうけど、ともかくそれは靴屋の手によるものとして長く語り継がれていくわけで。靴屋はどんな心境だっただろうか。まあ、お客がよい靴を履くのならそれでいいというひとだったのかもしれないけど。

 それを考えると、僕のとこに小人が来てくれたとしても、掃除とか洗濯とかやってもらったほうがいいなあとか思ったりするのでした まる


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-28 20:48 | 日常雑記

十八行日記

 睡眠時間が増えています。かなりやばいです。
 どうしてこんなに眠くなるのか仕事の合間合間(ご飯食べてるときとか)に考えてみたんですが、大元をたどっていくと、この冬の寒さのせいに違いないと。

 寒い→暖房をつけつつコタツに入りながら仕事をする→暖かくなって眠くなる→ねむねむ

 うん、寒さが悪い。というか、そのせいで仕事と睡眠が一日の八割がたを占めてしまって話題がないんですよね。漫画や小説も読んでない。

 あ、あった。スープパスタの食べかたがよくわかりません(←今日の晩ご飯だった)。

 パスタをずるずる食べていってスープが残るわけですが、え、これ飲むの? って思っちゃうんですよね。
 ラーメンやうどんはそういうものだとわかっているからか汁もふつうに飲むんですが、スープパスタはどうもね……パスタのイメージが強くて残ったスープを飲む気がまるで起こらず。

 そもそもこのスープはどのタイミングで飲むのか。ラーメンみたいに食べながら時々れんげですするのは違うというか、なんか口の中がくどくなりそうだし。

 個人的な感覚だけどパスタはラーメンやうどんに比べて、麺に味がのらない、染みこまないなあと思っているので(だから麺にまとわりつく感じのミートソースなんかは好きなんですよね)スープとの相性はあまりよくないんじゃないだろうか。

 ということを、結局スープを捨ててしまいながら考えるのでした。今度ご飯にでもかけてみようか。


web拍手を送る 
by tsukasa-kawa | 2010-01-25 23:55 | 日常雑記

十七行日記

 や、昨日はマジで頭がまわってませんでした。
 朦朧とした頭で禁じ手発動でしたが、ちょっともったいなかったなあ。ま、いいけど。

 さて、他人のどうでもいい話ランキングと僕がネタがないときによくする話ランキングにおいて、かなりの確率で上位にくる「夢の話(寝て見る方ね)」だけど、最近この手の話の聞きどころは、その夢をそのひとがどう解釈したのか、どんな影響を受けたか、ではないかと考えるようになったのですね。

 もちろんただ面白おかしく笑えた夢だったというのなら内容重視でいいんだけど、夢というのはなんでもありってこともあって、なかなか笑いになりにくい。たいていは「オレ、なんでこんな夢を見たんだろう」と思うような変な夢だったりする。

 だけど、それに少し楽しい解釈づけをしてみてもおもしろいんじゃなかろうかと。
 少し方向性は違うけど、大昔の英雄だの名将だのの嘘くさいエピソードとしてたまに見かけるやつに「現状はけっこう……いや、かなりやばいけど、いい夢見たから勝てる気がするぜ、討って出るぞ」などと言いだして本当に勝ってしまったというものがある。

 聞くだに嘘くさいですけど、でも、そういう、呆れるぐらいポジティブシンキングだからこそ、ここぞというところで勝ったのかもと。夢すら味方につけてこそ、英雄なのかもなあと。

 というわけで僕もさっき見た夢をポジティブに解釈しようと思ったのですが、起きたときにほとんど忘れちゃったんですよね。これは忘れたほうがいい夢だった、ってことなのか。あれー?


web拍手を送る 
by tsukasa-kawa | 2010-01-24 23:52 | 日常雑記

十六行日記



















web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-23 23:59 | 日常雑記

十五行日記

 マンガの話でもしようと思うのですよ。

 最近読んでおもしろかったのは弱虫ペダルですね。作者は渡辺航。少年チャンピオンに連載中で現在9巻まで刊行。

 オタクの冴えない少年がひょんなことからロードバイクをはじめて成長していくという、少年マンガ的なスポーツものの王道を突き進むのですが、これが熱い。

 自分より技術でも経験でも上回る相手に、憧れから必死に、ひたむきに、喰らいつき、並んで、時に追い越す。自分にしかないものを磨いて、鍛えて、進んでいく。特に追いかけ、追いつき、並んで、追い越すというのが絵的にもロードバイクに非常に合っているんですね。

 一つの難関を乗り越えるたびに主人公の世界が広がり、それに伴って新たな強敵(たぶん、ともと読む)が現れる。主人公の素直っつーか一途っつーかな性格もあって、彼らは競い合う相手でありながら仲間にもなっていく。そのへんも王道ではあるのだけど、描き方がうまい。

 現在は20校120人が参加するインターハイ編。一対一をやりつつ一対集団もやりつつ集団対集団もやるというこの展開はとにかく圧巻。

 ちょっと絵に癖がある気もするけど、熱血スポ根系漫画の絵は癖があってナンボという気もするし。マンガにおける10巻以内というのは時間的にも割といいのでオススメです。

e0172041_024526.jpg



web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-22 23:59 | 日常雑記

十四行日記※


 関係ないけどJダイエットのCMが「ジェダイへ」としか聞こえない。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-21 23:44 | 日常雑記

十三行日記

 仮眠のつもりがまた熟睡になっていたでござる。

 今日は富士見と一迅社の新刊の発売日だけど、画像はなし。
 元々この紹介というのはけっこう絞っているところがあって(断りを入れなくてもいいかどうかぐらいで)、でもゼロっていうのも寂しいから今回の受賞者さんの作品とか(そういや新年会でお会いしたけど『戦鬼』の川口士と認識されていてちょっとモニョった)木村さんのゾンビ4巻(新年会に持ってきていたのでいただきました。ありがとうございますー)とかを紹介するかなと思ったんだけど……。

 携帯電話が壊れたんですよね。

 電話やメールはふつうにできるのだけど、時々画面がブラックアウトするという不思議仕様。
 元々携帯の画像がどうのというのは言われていたので、一月ほど前に買ったデジカメがあるのですが、まだ使い方がわかっておらず。ふつうに撮ると、画像の容量がブログのキャパシティを軽くぶっちぎってしまうので、これに頼るのはもう少し先の話になりそうです。

 それにしても、先月まで毎月のように紹介できてたのはタイミングがよかったんだなあ。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-20 23:58 | 日常雑記

十二行日記

 あるタレントさんのコラムを読んでいたらこんな文章が。

「仕事が忙しくなってくると、いつ何をしたとかいう話ではなく、時々ふっと考えることなんかを書いてお茶を濁す」

 新年会の話題には乗り遅れ、センター試験のことも話し忘れ(受験生の皆さん、今更ながらお疲れ様でした、追試験があるひとたちはがんばってください)、よく考えたら自分で話題を潰しまくっているだけなのだけど、それはスルー。

 臆面もなく、今日もお茶を濁すのです。今日? 仕事さ。明日? もちろん仕事さ!

 ま、仕事があるのはありがたいというか、ぶっちゃけ風邪が長引きすぎていま必死に遅れを取り戻しているというのが現実なのですが。11月からだから3ヶ月だものなあ。

 冬の間は風邪をひきっぱなしだったわけで、こうなると我が家の構造に問題があるんじゃないかと思えてくるが、考えてみれば作家をやる前は冬だろうとあまり風邪をひかなかったので、作家になってからの僕の生活の堕落っぷりが浮き彫りにされたところで仕事に戻ることにします。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-19 23:58 | 日常雑記