一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

一行日記

 寒いのと面倒なのとで鍋をつくって食べたあとに七草粥の存在を思いだしました。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-08 08:26 | 日常雑記

夢の話

 せめて三が日はこたつの周りに必要最低限のものを置いてごろごろだらだらしていたいのですが、そういうわけにもいきません。
 とはいえ正月は正月。できる範囲で正月らしいことをするべきではありませんか。
 たとえば初夢です。みなさん、夢は見ましたか?
 僕は見ました。

 僕の場合、起きた瞬間に夢の内容をほとんど忘れている(夢を見たということ自体は覚えてる)ことが多く、しかもそういう場合はろくでもない夢だったりするのですが、今回もご他聞にもれず。
 覚えている範囲で書くと、こんな感じ。

 ・何かやばいもの(覚えてない)をスーツケースで運んでいた。普段着で。
 ・餅に追われて、団地の外壁のパイプを上ったり降りたりして逃げた。
 ・最後は走行中のトラックにつかまって逃げきった。
 ・全体的にモノトーン。
 ・そういや鷹も富士もナスも出てこなかった。

 これが初夢か……。なんだろう、このスペランカーというかチャレンジャーというか、ゲーム臭がする夢は。壁をのぼるとかトラックにつかまるとかそんなアクションできんよ、僕。あとなんで餅。
 がんばって記憶をさぐればもう少し思いだせそうな気もするけど(このへんがとてももどかしい)断片的な内容だけでもうおなかいっぱいで、正直あんまり思いだしたくない。ともかく逃げきったのだからひどいものじゃないと思いたい。
 せめてネタになりそうなおもしろい夢を見ればまだしもと思いつつ、まあ夢を見たので書いておくのでした。来年はもっとまともな初夢が見れるといいなあ。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-03 08:39 | 日常雑記

新年の話

 あけましておめでとうございます。
 今年もだらだらと更新したりしなかったりすると思いますが、よろしくお願いしますね。

 大晦日からいままで何をしていたかといえば、仕事をして、ちょっと外出して、そのあと古いつきあいの友人と家で駄弁っていたら新年を迎えていたという具合。除夜の鐘は心の中で突きました。

 さて、新年を迎えて何かあったかといえば何かあるわけでもなく、とりあえず昨年の総括をば。

・一迅社さんから「星図詠のリーナ」富士見書房さんから「漂う書庫のヴェルテ・テラ」と、新作が2本はじまりました。ありがたいことに、どちらもシリーズとして定着してくれました。
・ブログが思ったより続いている。

 ぐらいかな? お仕事的にちょっと悔しいのは1年の間に3冊しか出せなかったことで、速筆の作家さんなんかは1年で6冊7冊当たり前みたいなペースで書いてるけど、さすがにそこまではいけなくとも、今年は4冊かできれば5冊は出したいものです。(もっと早く書けるようになろうね)

 あとブログですね。ともかく年内もった。めでたしめでたし。
 わざわざ足を運んでくださっている皆さん、ありがとうございます。今年もたぶんこんな感じでたまに更新したりしなかったりする感じになると思いますが、よろしくお願いします。




web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2010-01-01 11:02 | 日常雑記