一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、11月25日発売です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 早い局では本日、アニメ「魔弾の王と戦姫」の最終話「広がる世界」の放映がありました。
 10月に始まってからこの3ヵ月間、おつきあいくださった方には本当にありがとうございます。原作の5巻までやるということで(2巻、3巻、4巻のどこで終わらせても中途半端になるからね…)、駆け足になってしまった部分はありましたが、楽しんでいただけたら幸いです。そのついでに原作にも触れていただけたら、ありがたいことこの上なしです。
 また、佐藤監督をはじめ、この作品に関わったすべての方に、あらためてお礼を申し上げます。やはりティグルたちが喋り、動き、食べ、戦場を駆けるというのは感動がありました。

 アニメは終わりましたが、年が明けてもイベントなどがありますし、小説11巻も春には出せたらいいなあと思っていますので、そのあたりにもご期待ください。


web拍手を送る 
by tsukasa-kawa | 2014-12-28 01:44 | 魔弾の王と戦姫

DVD1巻

 昨日のことですが、アニメ「魔弾の王と戦姫」のDVD1巻が発売されました。
e0172041_11482372.jpg

 1話から3話まで収録されていまして、ティグルが捕虜になってからアルサスに帰ってきてザイアンを倒すまでの物語が収録されております。原作でいうと1巻のところですね。
 また、初回特典には僕の書いた短編(今回はエレンとリムの出会いを書いたものですね)もついてきます。他にもさまざまな特典が封入されておりますが、それらについてはこちら
 興味がありましたら、手にとっていただけると幸いです。


web拍手を送る 
by tsukasa-kawa | 2014-12-25 20:50 | 魔弾の王と戦姫
 年の瀬ですね! 年末は何かと仕事以外にも雑事に追われることが多いのですが、みなさま、いかがおすごしでしょうか。大掃除はなんとかできそうかな。相変わらず散らかってましてね……。
 さておき、昨日は富士見ファンタジア文庫と一迅社文庫の発売日でした。
e0172041_20223132.jpg

瀬尾つかさ   スカイ・ワールド9
葵せきな     ぼくのゆうしゃ6
手島史詞    赫竜王の盟約騎士3

いずれの作品も大きな山場を迎えており、見逃せない展開になっています。短い紹介ですが(クライマックスってどこをどう話しても危険だよね)、今回はこれにて。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2014-12-21 21:20 | 新刊紹介

拍手回答

 12月ですね!(胃を痛めながら
 何かと慌ただしい世情ですが、僕ももう一踏ん張りという感じで、最後まで何とかがんばっていこうと思います。というか、やっていることは来年の仕事なわけで、最後感はあんまりないんですよね。ゆっくり過ごしている年末というのがここ数年ないからかもしれないですが。
 さておき、とてもひさしぶりに拍手回答でも。


スマホから見てるのですが下に髪は女の命と広告がルーリックの頭のことが頭によぎってしかたありません。広告として大丈夫なのだろうかと心配です(笑)
ルーリックは男なので大丈夫です! そろそろ彼の髪を戻してもいいんじゃないかという話は、編集さんとの打ち合わせで時々出てくるんですけどね……。どうも作品が終わるまでこのままな気が。


魔弾の王と戦姫140万部突破おめでとうございます。^ ^ 韓国でもアニメ放映と一緒に8、9巻が同時発売され、多くの読者が読み始めました。^ ^ 今回の10券も期待しており、すぐに韓国に発売されるといいですね。 by 김영재(キム·ヨンジェ)
韓国からありがとうございます。こういうお話をいただくたびに、異名や造語がたくさんあって、翻訳する方は大変だろうなと思うのですが、楽しんでいただければ嬉しいですね。


はじめまして。アニメをきっかけに「魔弾の王と戦姫」を
最近読み始めた者です。非常に面白くて、10巻発売前に
既刊とコミック版を全て購入して読み終え、最新刊10巻
も楽しく読ませていただきました。
その中で自分が少し気になったところがあります。
3巻の280ページで竜技を放つ際にソフィーが、
「我が先を疾走よ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)」
と言っているのですが、コミック版6巻の16ページでは
「我が先を疾走れ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)」
と言っています。
「疾走よ」と「疾走れ」、どちらが正しいのでしょうか。
また、竜技などの名前ですが、ルビの文字が小さいため、
「ア」と「ァ」などの区別がつけられず、正しい名前が
はっきりとわからないものが自分にはいくつかあります。
具体的には以下の()の中の名称です。
空さえ穿ち凍てつかせよ(シエロ・ザム・カファ)
→「カファ」or「カフア」?
我が前に集え煌く波濤よ(ファルヴァルナ)
→「ファル」or「フアル」?
我が傍に集え眩い粒砂よ(ミラーシェム)
→「シェム」or「シエム」?
我が先を疾走れ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)
→「ムーティ」or「ムーテイ」?
角貫の弐(ドウヴァローク)
→「ドウ」or「ドゥ」?

これらの()の中の名称はこれであっているのでしょうか。
コミック版やアニメですでに出ているものもありますが、
自分の目や耳が信用できず、やはりはっきりわかりません。
お忙しいこととは思いますが、
お答えをいただければ幸いでございます。 by シキョウ

まずは読んでくださったこと、ありがとうございます。順番に答えていきましょう。
「我が先を疾走よ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)」原作の方、こっちがミスですね。重版かかった時に直したと思ったんですが、漏れていたようです。申し訳ない。
「我が先を疾走れ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)」なので、こちらが正しい記述になります。

空さえ穿ち凍てつかせよ(シエロ・ザム・カファ)
これはシエロ・ザム・カファですね。
我が前に集え煌く波濤よ(ファルヴァルナ)
これはファルヴァルナ。
我が傍に集え眩い粒砂よ(ミラーシェム)
これはミラーシェム。
我が先を疾走れ輝く飛沫よ(ムーティラスフ)
これはムーティラスフ。
角貫の弐(ドウヴァローク)
これはドゥヴァロークですね。

ルビに関してはねえ……。どうしても小さいァィゥェォッとか分かりにくいんですよね。作中で最初の時だけカタカナ表記にするか、どこかに用語集なり何なり用意できればいいんでしょうが、なかなか。ひとまず今後の課題とさせてください。


10巻の重版いつかかるかわからないと言ってた翌週に重版がかかった件について、ぜひ以前のMF文庫JのBlogにあったような面白いコメントを期待してます!w
 しかし今回はいくつかのミスが見つかっていたので「重版かかって、かかって」という心境なのでした。実際直せると思ってほっとした部分が大きかったです。
 まあ、直したと思った後に、まだ見逃していたミスが見つかったりしたんですけどね……。ええ、もう本当に申し訳ない。それに関しては、またこの次の重版で……。


魔弾の王楽しく読ませていただいています。ところで、10巻で何度か「決済」と出てきますが、文章の流れから正しくは「決裁」だと思います。それと、最後の方に「ジスタートで戦うのは、初めてだったな」というセリフがありますが、2巻でリュドミラと戦ったのもジスタート国内ではありませんでしたか? by eunos
 その見落としてたミスというのがこちらでして、ご指摘いただいて本当にありがとうございます。「ジスタートで戦うのは、初めてだったな」は「ジスタートで戦うのは、リュドミラのとき以来だな」というところでしょうか。この次の重版がかかったら(かかるかなあ……?)この部分は修正させていただきます。


初めてコメントさせていただきます。
ライタークロイス(富士見版)の頃の読者です。
しばらく、ラノベ離れしていたのですが、魔弾の王のアニメ化に伴い、
「あ、ライタークロイスの作者の作品だ!」
と、気付いた時にはもう、一迅社版と魔段弾の王で両手が埋まっていました。
将、王という立場か動く大きな展開と、
今でも変わらない丁寧な描写に、新鮮さと懐かしさを感じることができました。
小ネタも健在のようで(ライタークロイスは本編もそうですが、変態皇帝列伝やあとがきのif話も好きでした。)
重くなりがちな話でも、一気に読んでしまいます。
作者様も忙しいと思われますが、お体にはご自愛し、執筆の方よろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
余裕ができましたら「千の魔剣と盾の乙女」も手を出させていただきます。 by ツダ

富士見版ライタークロイスのころからというと、7年越しということで、本当にありがとうございます。おかげさまでという言い方も変ですが、何というかもの書きを続けていてよかったと思いますね。一迅社版ライタークロイスこと銀煌の騎士勲章の続きは来年に、魔弾シリーズもまだ続きますので、余裕があれば引き続き応援いただけたら幸いです。


 では、今回はこんなところで。


web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2014-12-04 01:52 | 日常雑記