一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、絶賛発売中です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

三行日記

 もしもの時のために長持ちする食品をしまっておくってあるじゃないですか。缶詰とかウィダーインゼリーとかカップ麺とか。「もしもの時のため」って意識のせいか、1年近くほったらかしにしておくことがままありまして……。とくに病気でも外出できないわけでもないのに、しばらくゼリーとカップ麺の生活になりそうです。

by tsukasa-kawa | 2017-01-21 22:48 | 日常雑記

三行日記

 近所のスーパーに行ったら早くも節分気分で「はこう、はこう鬼のパンツ~」と童謡『鬼のパンツ』が流れていたのだが、そいつは豆をぶつけられて追いだされる側ではなかったか。それとも追いだした後に戦利品として奪ったパンツをはこうとでもいうのか。子供が。

by tsukasa-kawa | 2017-01-20 21:00 | 日常雑記

魔弾の王と戦姫16

 拙著「魔弾の王と戦姫」16巻、今月の25日(水)発売となるのですが、見本が届きました。
e0172041_19423126.jpg
 表紙を飾るのはリムことリムアリーシャ。ついに表紙に登場です。ただ、この姿は先取りのようなものだとだけ、現段階では報告しておきます。なにせ、最終巻の表紙は誰が飾るのか、もう決まっているのでして……。
 ちなみにリムの衣装は以前、片桐さんに描いていただいた傭兵時代のリムアリーシャ(アニメのDVD1巻の特典小悦のイラストとして描いてもらったものです)をベースに、いろいろと手を加えていただいたものです。

 さて、あらすじはこちら。

 ルスラン王子の復活と、国王ヴィクトールの死によって不穏な空気に覆われているジスタート。王子の側近として隠然たる権力を持ち始めたヴァレンティナは自らの野望を果たすため、ついに動き出し、その大鎌をソフィーへと向けた。他方でフィグネリアの双刃がリーザを追い詰めるなど、戦姫同士の対立は決定的なものになる。混沌たる情勢の中で、ティグルは自らの立場を鮮明にし、大切なものたちを守るべく、激しい争いの渦中に身を投じる。争乱の陰では、魔物たちに代わって地上にあの女神を降臨させようとするガヌロンの姿があった……。未曾有の危機のなか、英雄となった若者を待ち受ける運命とは。大ヒットの最強美少女ファンタジー戦記の最高峰、第16弾!

 こちらで一部、試し読みができます。
 また、今回はアニメイトさん、ゲーマーズさん、とらのあなさん、メロンブックスさんでお買い上げいただくと、ちょっとしたSSがつきます。詳細はこちら
注1:一部、配布配布をしていない店舗もございます。ご注意ください。
注2:「魔弾の王と戦姫 16巻」をご購入いただいたお客様が対象ですが、店舗によって対象や運用が異なる場合がございます。詳細は店舗にお問い合わせください。
注3:申し訳ございませんが、数に限りがございますので無くなり次第終了とさせていただきます。

 それでは、楽しみに待っていただければと思います。よろしくお願いします。

by tsukasa-kawa | 2017-01-19 20:12 | 魔弾の王と戦姫

新年のご挨拶並びに

 もうカレンダーは18日とかなっていて、実に1月の半分以上が終わってしまっているのですが、みなさま明けましておめでとうございます。今年も作家の端くれとしていろいろな物語を出していきますので、楽しんでいただけたらと思います。
 まあ18日どころじゃなく、ブログでいえば3ヵ月ぶりですからね。言い訳になりますが11月から年明けぐらいまでは本当に忙しく、自分の本や他の作家さんの本を紹介する余裕もないぐらいで。ツイッターでつぶやいたりRTしたりはしていたけれど。
 その内、その内と思う間に今日に至ってしまいました。いや、ごめんなさい。
 ようやく何とか持ち直したので、まあ、また一ヵ月に一度ぐらいかもしれませんが、つらつら更新できればと思います。前にやったように三行日記を復活させた方がいいのかもしれん……。
 さて、去る日曜日15日はノベルゼロ、GAノベルスの発売日でした。
e0172041_12231873.jpg
細音啓   ワールドエネミー
手島史詞  ナベリウス封印美術館の蒐集士

細音さんの新作は人間と怪異が戦う世界において、怪異たちのいわば大物であるアークエネミーに挑む若き最強のハンターの物語。
手島さんの新作は魔術師が作った美術品と言われる数々のアーティファクトを回収する二人の蒐集士(コレクター)の物語。こちらは短編連作形式ですね。
興味を持たれたら、是非。

あと、先月の20日に発売した拙著「折れた聖剣と帝冠の剣姫」4巻も、よろしくお願いします。
e0172041_12315604.jpg
それでは、今回はこんなところで。

web拍手を送る

by tsukasa-kawa | 2017-01-18 12:32 | 新刊紹介