一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン
 ようやく仕事が一段落して嬉しさのあまり小躍りしたところテーブルに足の小指をぶつけて爪が欠けたでござる。
 というわけで、おひさしぶりすぎる拍手のお返事です。6月もあと2、3日しかないというのに今更5月の拍手の返事をするあたり、どれだけ僕の生活が現実から取り残されていたというかくださった皆様、いままで遅らせ続けて本当にごめんなさい。
 まあでもやっとこさ一段落しました。富士見のほうも、まあ8~9月には発表できると思います。発売はもう少しあとかな。またファンタジーですよよよ。
 現代ものとかも書きたいけど企画が通らないんですよね。

 そうそう、新刊、新作の話はまだ先になるのですが、その前に一つご報告することが。

>SD文庫のリレーエッセイのムチャブリきましたね
 そういえば、はい。集英社さんのHPでこういうの書いたんでした。生まれてはじめて書いた小説というテーマで、ちょっと書かせていただきました。


>つまりパルヴィとサラがSデレになってダールがMになれば解決ですね。
 デレが来ないので彼には不遇の人生しか待っていません。

>新しい二つ名「女難のダール」
 その二つ名を得るにはまだまだ試練と出会いが足りないなー。

>>ハーレムルートは無し
> リーナってタイトルだしリーナ育成ルート?若紫?

 まああれはリーナさんの成長物語になるかなーと。

>新作にハーレムを期待するしか
 時々思うんだけど、何人からがハーレムなんだろうね。まあ新作(富士見の方ね)はそれなりにご期待ください。発表はまだ先だけど!(担当さんにもう少し待てと言われた)

>サラに必中 ……金剛勁を覚えるしかっ
 パワーインフレはそのようにして行われていくのです。

>パルヴィが思ったより人気ある、との事なので一発否定的な感想をば。この姉姫は、リーナのように民草から慕われこそすれ軽んじられることの無い(であろう)タイプの存在を理解できていないご様子。文句つけられてるリーナはお気の毒様。まあ全部が全部リーナみたいなのだと困るかもしれませんが。あと終盤での話しになりますが、パルヴィ本人はハッパ掛けてるだけかもしれませんけれど、部下に「あまりに遅いようなら大鐘楼から突き落とす」とか言っていて、畏怖というより恐怖で従わせるタイプと取れなくもなく。それこそ王族としての自覚があるのか少し疑問に思う発言でした。…とか言いつつ、彼女の成長やいつかデレる事には期待しております。あ、背とかは今のままで御願い致します。
 長文ありがとうございます。まあパルヴィもリーナとは違う方向で成長の余地がおおいにあるお姫様ということでひとつ。今後のご活躍にご期待ください。活躍の場があれば。

>星図詠のリーナというタイトルに右手に持ってるコンパス(?)の表紙を見て、あれは遺跡の衛星からレーザーを撃つ秘密兵器とか意味不明な想像してしまった事は秘密。
 分解して組み立てなおすとショットガンになります。ドラゴンだって一撃だ!

>川口さんも紹介してる作品みたいにおっぱい書くべきかと……とりあえずリーナには期待できないな。
 あの子は大きくないだけでふつうにあるよ。

>佳境が沢山=新刊沢山ってことで期待……裏切らないでね?
>新作2本ぐらい発表wktk

 たくさん、というほどでもないですけどね。もう少しペースをあげたいもんですねえ。

>仕事が佳境……次はリーナ2巻が上がるのかw
>リーナ2巻は夏ですか・・・。9月は秋という認識でOKでいいですよね?
>本当に佳境ということは次の報告は祭りが……
>次に浮上する時は新作とリーナ2の情報を華麗に引っ提げて登場ですね、分かります。
>お疲れ様です。美少女云々は作家さん方の内輪ネタ感バリバリなので、なるべく自重して下さらないかなというのが正直なところです。ともあれ、大まかではありますがリーナ2巻のスケジュールが出てきたことは嬉しいです。そちらについてはwktkしながらお待ちしております。
>またまたお疲れさまです。出てくるのを恥ずかしがってるのかと思ってました。夏……勝手に八月ぐらいと予想します。更に頑張って下さいね。 by ノブ

 お待ちいただいてありがとうございます。リーナの2巻が8月、それから秋頃に富士見の新作というところですね。発売順的には。そして予定通りにいけば。
 もう少し詳しい話ができればよかったんですが、もうちょっと待ってと言われまして。ごめんなさい。

>ええ!?新作とリーナ連続刊行じゃないん?!
 ごめんなさい。出版社にもスケジュールがあるのです(と、罪をなすりつける)まあ、その二つの間はそんなに間は空かないと思います。

>多分富士見の新作でも冥土は出るよね、川口さん的に。
 ばたばた人は死ぬので冥土は出ますね。というかそのメイド作家のような認識はなんだね。

 

>美少女、始めました by 葵せきな
 も、もうだまされないぜ?

>川口さんはMでクールビューティーなお姉さんか……確かに美少女じゃありませんね好きです結婚して下さい
 最近、遅刻癖までついたよ!

>巫女+眼鏡+美少女=魔法少女
 ふと思ったんだが美少女が魔法少女になるのは格下げなんだろうか。

>セッキーナを変な目で見ないで! あなたのような本物の美少女と違ってセッキーナは男だから!
 その勢いで僕に対する認識も正してくれるとも助かるんだけどね!

>遅ればせながら、新作読ませてもらいました。大変、面白かったです『ソーズ寄りのリーチ』。萬、ピン、字牌をことごとく切って、見え見えの一色。それでも果敢にリーチをかける、強気で頑張る女の子の話。ラストの『彼女がかけたリーチのアガリ牌は、どう見ても純カラだった』には感動しました。
 うまいと思ったので採用。でもラストの一文からハッピーエンドが想像できないぜ!

>美少女でもなんでも、なりたいようになればいいじゃん。しゅごキャラがついてるよ。
 あのてのペットが実際にいたらどうなるんでしょうね。まあ育成系のゲームが苦手な僕は、一日で餓死させる自信があります。たまごっちとかそうだったなあ……

>生徒会のアニメ化先生も美少女になりたいって言っていますね。うん、やっぱりラノベ作家はみんな美少女で間違いない。誰だろう?こんな流れにしたのは? はっ! …………読者?……俺達? なんか、ごめんなさい。 by しぇろ
 ウィキペディアでは認定されてるんですよね。よかったよかった。

>……うん。やっぱりセッキーナをいじってきたね(笑)。 by くるとん
 あの拍手がなかったらこうはならなかったなー。

>毎回日記を読ませていただく度に「何か書かないと、いやでもわざわざ返答をもらうこともないし……」と思ってました。だがしかし本日の日記を見て一言「お願いだから続きを、続きを……」。 by Ritis
 日付を確認したけど、葵先生が美少女云々のときの……やめよう、この話は。

>黒葵「おい、川口よぉ!どう落とし前つけてくれるんじゃあ!コラァ!…今ならわしと師走の兄ちゃんと一緒にネトゲやるんで手打ちにしたるでぇ、はよう一緒にネトゲやらんかい!」
>川口先生「は、はい。了解です、葵先生。」
>白葵「わかればよいのですよ、川口先生。」
>こんな感じで川口先生も今後ネトゲにハマっていく気がしますww

 どうなんだろうなあ。前も言った気がするけどネトゲって人格変えるし……
 まだ葵先生とはネトゲしたことないけど、しないほうがいい気がするんだよな……。

>川口さんは眼鏡で知的なクールな美形でイケメンと思えてきてあちこちでお知らせしたくなってきました。
 それが事実だったら僕の人生だってもう少し華やかに!

>お前もネコミミになれ!
>お前もネコミミになれ!
>お前もネコミミになれ! by なんとなく三度送ってみた

 も、ってことは君はすでにネコミミなのかね。とりあえずどうやってなったのか方法と詳細を

>やっぱり、ラノベ作家はみんな美少女だった!?
 美青年とか美中年もいるよ。

>「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがある。これは逆に「旅に出る子は可愛い子」と言っていることになる。つまり旅に出た川口さんは美少女だということだ!
 それは方便に決まっているじゃあないですか。本当の美少女だったら部屋から出さず「箱入り娘」と。

>美少女、始めましたの件
>すいません、ごめんなさい。なんか、煽るような拍手を送ってしまいました。ほんとにごめんなさい。でも、騙ったのは別の方ですよ。言い訳するな?はい…、ホントに申し訳ありませんでした。あ、いや、美少女宣言が本物じゃなくて残念とか、そんなこと全然思ってないですよ?美少女戦隊、楽しみなんかしてなかったです…。本当にごめんなさい。 by しぇろ

 いや、全然気にすることないですよー。葵先生もなんだかんだで許してくれましたしね。でも美少女戦隊は井上先生に一人五役あたりで頼んでみてください。
 まあ、でもこの機会に美少女ネタはしばらく自粛しよう。

>手島先生のところに大量に刺客を送るとはさすがですね。手島先生も娘を守るのに精一杯で怪我をしてしまったようです。
 あのときは申し訳ないと思ったんだど、このまえの父の日ではしゃいでいる手島さんを見てたら、まあいいかと思った僕は心が狭い人間です

>手島さんはどんどん川口さんの事を弄りますねw
 僕も手島さんのことを悪口雑言と誹謗中傷でいじくりたおしたいのですが、手島さん、ひとがよすぎてねえ……。

>某親馬鹿さんから……
 手島さんの馬鹿親っ振りは既に芸の域だと思う。もしも富士見編集部が娘さんを手なずけて「来週までに原稿あげてくれなかったら泣く」とか言わせたら、絶対あげるね。間違いなく。なので手島さんのファンはまず娘さんに続刊催促のお手紙を出すべきだと思う。

>男装のクールビューティー
 そう言われると真っ先に思い浮かぶのはアニメ三銃士なんですが……いまだと誰だろうね。桜蘭のハルヒとかになるのかな。

>ムキムキマッチョなボディガード♂を雇ったらどうでしょう?そしてボディガード♂と川口さんの燃え上がる恋(ぉ
 そんなボディガードは履歴書の時点で不採用です。

>かも
 冬頃に鍋にするとおいしいよね。いまは夏だけど。どうもでいいけど夏鴨って書いてカルガモって読むんだぜ。

>社会の窓を開けっぱなしで仕事をしていてトイレ行ってそのまま戻ってきたら猫がちらっと見てバカにしたように去っていったのですか?
 ちょっと部屋を出て戻ってきたら、猫に侵入されていたときの話ですね。あのときは暑くてシャツとパンツだけだったからなあ。社会の窓どころか……

>>うひょぉう!
>そのまま、麦藁帽子を被って変なポーズで跳びながら釣りに出かけそうな勢いですね………。 by はむ

 入ってきていた猫を見たときの叫び声でした。いや、あのときは本当に驚いた……

>今でも定期的に麻雀やってるんですか? しうさんとかとんでもなく強そうですからね。非モテ麻雀大会の上位入賞の常連ですし。 by ノブ
 麻雀はよくやってますねえ。しうさんとか強い強い。強いひとってのは調子がいいと大勝ちで、調子が悪くてもどうにか勝って帰るひとなんだなあとか思いますね。

>仮面ライダー(士)でありながら美少女(夏みかん)であるとは、一粒で二度美味しいblogですね。
 ここ最近の放送でようやくみかんさんが話に絡んできて嬉しいですね。平成ライダーシリーズは、そのあたりで失敗が多い気がするので

>大丈夫です。宣伝だって立派な仕事です。……自分に返ってくるかはまた別の話ですが……。 by 天城 竜人
 まあここでの宣伝はそういうのはあまり気にしてないですかね。本当は他にもいろいろ宣伝したいようなものはあるのですが、手を広げすぎると収拾つかなくなっちゃうので。

>逃げた!?
 例の一件からしばらく更新が途絶えてたときの話。
 逃げなかったよ! 本気で逃げようとしたら現世から逃げなきゃいけなかったからね!

>逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。
>超ガンバ
> 執筆頑張ってください。応援してます、心から。 by 斜壊人

 ありがとうございます! がんばった、がんばったよ!

>どんまい!! by flowlight
 励ましのメッセージありがとうございます! まあ、同じ失敗は……割とやってるけどね、気をつける!

>ひきこもるのか
 ひきこもってた! 腹につまめるぐらいの肉がついてびっくり!

>あ、生きてた………。いえ、ちゃんと心配してましたよ?原稿の進み具合とか。それより、カレーばっかり食べてると太りますよ。お腹がぽっこり出た美少女なんて悲しいです。いますぐダイエット始めてほしいと思います。 by しぇろ
 ごめん、お腹出た。がんばって痩せてきます。

>Q.美少女になって、なにかいいことがあっただろうか
>A.リーナの売り上げが(多分)伸びた
>……ではどうですか? by 透骨

 伸びた、のかな? でもこうして2巻が出せるわけですしね。皆様、ありがとうございます。

>「No Title」にした日記、修正した意味がほとんどない気がするのは自分だけ? by くるとん
 他との区別をつける意味でこうしました。削除も考えたけど、たいてい事態が悪化するので。

>この一件で一番得したのは、偽セッキーナさんですねw だけど、天然ミスをするそんな川口先生の俺の中のポイントも上がったんで、結果良かったと思います。 by あぶトロ肉
 それは喜んでいいことなのか!?

>丁度いいから言っておきます。京都で新型インフルエンザ発病です。で、私、修学旅行京都で、今日帰ってきました。恐怖で身が竦みます。助けてください。 by テファニ
 それは大変な……なんと言えばいいか、お気の毒様です。 
 以前ほど騒がれなくなったものの、1週間に1度ぐらいの割合で発見されているんですよね。僕からできることは祈ることぐらいしかないのですが、テファニさんがご無事でありますように。

>どんだけセッキーナ怖いんですかw
 ゼットンより怖い

>「にゅるーん」とか「うみゅーん」好きです。癒されます。こんな僕に一言ください。 by とりゅーん
 ぱにゃーん

>振り返ると、セッキーナ
 それはどんなホラーだ

>確かに守りは大事だと思います・・・。しかし、攻撃は最大の防御ともいいます。やられる前に、こちらから攻めましょう!ほされるの覚悟で!
 だが断る!

>なんか内定出た。ありがとうございました。これもすべて川口先生のおかげです。これからは先生の作品をどんどん宣伝していこうと思います。ですから、先生も精一杯頑張ってください。めざせジブリ映画化で。
 おお、おめでとうございます! 僕の本の宣伝をしてくれるのはとてもありがたいのですけど、そんなことよりも新しいお仕事をがんばってください。そうしたら僕もがんばる。あとジブリはきっついなー。

>おーい…めがねっこ美少女、生きてる? ……返事がない、ただのしかばねのようだ。 by しぇろ
 それにしても、なにがしかの反応や返事を期待してしかばねに話しかけるという行為はどんなもんだろうか。

>美少女戦争
 萌え萌え2次大戦?

>立ち食いそばにちくわ天は邪道。真の立ち食いそば好きであれば葱のみでいけ。異論は認めない。だが、月見あるいはたぬきは条件付きで認める。 by 葱
 いやいや、立ち食いそば屋特有の妙にあぶらっぽいちくわ天はいいですよ。

>タイトル絶対前のが良かたって。
 そんじゃそろそろ戻そうか。

>1日が48時間あるなら間違いなくポケモンやってますね
>たぶん私は40時間ゲームをしてると思います。 by 003

 ゲーマーの方だとそんな感じなんでしょうか。まあ僕も新しいゲーム買ったときは48時間中でそれぐらいはやるかも。いまだとなんだろ。積んである本をてきとうに消化して、それから買う予定のロロナかな。

>1日が48時間だったら僕はまだ10歳だ・・・。
 その計算だと僕は15歳になりますね。人間の身体の造り的にはこれがいちばん妥当なのかな。
 15年前って、エヴァがリアルタイムでやってたときなんだよなあ……。放映前はさほど盛り上がってなかったけど、1話が放映されてから一気に盛り上がった記憶が。
 
>皆が思っていたこと、言葉にしてくれてありがとございます!! 井上さんはもう性別・秀吉になればいいと思っているんですがどうでしょう? by 透骨
 秀吉は秀吉だけだから井上さんだと性別:堅二子かな。

>また変わった!? 変えるの好きなんですか?
>あ…、ま、また変わってる…暫定付けて言い訳してるし…もーいーです。ヘ(´Д`)ヘ by しぇろ
>一瞬のタイトル変更はなんですか? by イースターモアイ

 いろいろ変えたのは気分です。忙しいときに限ってなぜか部屋のかたづけをするのに近い感覚で。

>うわ! なんか改装してるーーー!! by 003
>コルクボード風だと雰囲気が良いですね。左下あたりが広いのでなにやら色々貼り付けられそうですが。とか思いながら拍手をポチッたら拍手画面が真っ白なので少々残念です。こっちにも何かお願いします。 by Ritis
>やだ…こっちのスキンの方が目にやさしい…。
>お、変わってるー なかなか綺麗ですね ちなみに俺は立ち食い蕎麦にはペンサンピンですね by 宗次郎

 好評、なのかな? いろいろ試してみてるってのはあります。頻繁に変えては混乱するかもしれないけど、季節ごとにカラーを変えるぐらいならありなのかな、とか。しかし蕎麦の具にペンサンピンというのは何。

>携帯でしか見られないから何が改装なのかわかりませんorz
 ラーメン屋が冷やし中華の札を出したようなものだと思ってください。

>全裸と聞いてきました。
 誰から!?

>元気そうで安心しました。執筆がんばってください!
>ちなみに僕はカレーとハヤシライスの区別がつきません・・・。 by 桜木

 カレー粉を使ったのがカレーで、ドミグラスソースやケチャップを使ったものがハヤシライスかな。
 確かにぱっと見は区別つきにくいんですよね。

 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-06-28 14:40 | 日常雑記

本の宣伝の話

 食べ物がなくなったのでちょっと自転車で買い物に行き、5分ほどでお店を出て自転車にまたがったらサドルの熱いこと熱いこと。
 もうクーラーつけてるよみたいな話を聞いて、おいおいまだ6月ですよ、はっははなどと笑ったことを猛烈に後悔したくなりました。
 っていうか最近は妙に暑かったり、かと思うとどしゃ降りだったりでなかなか厄介な日々です。こういうときこそがっつり食べるべきなのかもしれないですが、たてこんでいる仕事もあってご飯が面倒になり、麺ばかり食べてます。
 で、本屋にも寄って何冊か買ってきたのでした。

白夢 放課後の霧使い   瀬尾つかさ
宇宙をかける少女(上)   瀬尾つかさ
L3                坂照鉄平
花守の竜の叙事詩      淡路帆希

 敬称略で。帯がついてるとこんな感じ。
 上二冊は僕が何かとお世話になっている先輩作家瀬尾つかささんの本です。「白夢」は富士見書房さん、宇宙をかける少女は一迅社さんから出ております。
下は同期である坂照鉄平さんと、先輩作家の淡路帆希さん。Lは今回からイラストが変更になってますのでお見逃しなきよう。
 ちなみに坂照さんは大学生でして、ギリシャ語を専攻しているというのをこの前聞いたので、心の中でのあだ名が「ギリシャ」になりました。
 ギリシャというとまず僕の頭に湧き出てくるのは聖闘士星矢なのですが、あれって巻末の設定見たら中学生の主人公たちが高校生(白銀)や大学生(黄金)や社会人(教皇とか)を薙ぎ倒していく話だったんだよなーなどと……すいません。どうでもいい話ですね。

 僕の本の話は…………もう少しお待ちください。

 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-06-20 14:21 | 日常雑記

傘の話

 計画的に外出するときは傘を持っていくんですが、思いつきで出るときは持っていきません。
 以前は折り畳み傘を持っていたんですが、一度風にあおられてミシッとかいって壊れてから買い直していないのです。

 傘って、そもそも持ち歩きが面倒じゃないですか。晴れた日に持ってたらおかしいだけだし。片手がふさがるし、よく置き忘れるし(それは君の記憶力に問題があるだけです)

 そんなことを考えながら、ふと用事を思いだして東急ハンズへ寄ったのですが、なかなかおもしろい傘を見つけたのですね。取っ手が刀の柄のようになっていて、更に黒い袋もセットになって傍目には刀を持っているように見えるという。
 これはなかなかかっこいい。
 ファッションとしての傘はセレブなひとやゴシック調の服を着た人が日傘を持ってごきげんようざます、とかやるぐらいしかないんじゃないかと思っていたのですが、これは着眼点がいいなあと。
 他にも肩に引っ掛ける形で持ち運べる傘とかあったり。
 僕が知らなかっただけで、世の中にはいろいろな面白傘があるのだなあ、と。

 で、結局面白がっただけでその傘は買わなかったんですが。
 
 そのまま別のところへ行ってですね。
 そこを出たのが8時半頃だったのだけど、なんか雨がざーざー降ってるの。雷がごろごろ鳴ってるの。
 どうしようかなと立ち往生してたら3、4人の子供が夜の雨の中を笑いながら走っていくのですよ。

 子供に負けてられるか!

 とばかりに20分ぐらい雨の中をひた走って
 家に着いてみると、もう服とズボンから滴る水だけで玄関が水浸しに……
 最悪なのは鞄に入れていた本やノートまでふにゃふにゃになったことでして。
 いや、まあ濡れてるのは表面と端だけだから問題ないといえば問題ないんですが。

 せめてこの季節だけでも傘を持ち歩こうかという話でした。
 そろそろ5月後半の返事をしないとなあ。

 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-06-16 21:52 | 日常雑記

牛角の話

 作家さんたちとご飯食べてきました。
 気分転換。
 ええ、ちょっとした気分転換ですとも。たった四文字でなんという魔法の言葉。
 同じ四文字の言葉に現実逃避というものがありますが、なんだかよく似ている気がします。
 まあ、でもそれでネタが出てきたので結果としてはよし。
 22時に解散したのを吹っ切って朝まで粘った甲斐があった。

 なんだか重苦しい冒頭トークになってしまいましたが、何人かの作家さんと牛角に行ってきたのです。
 いやー牛角は近所にないのでずいぶんひさしぶりでした。最後に行ったのはたしかデカレンジャーがやってたときだったかな。
 メンバーは同期の細音さんに河屋さん。一つ上の先輩である瀬尾さんと石踏さん。計5名。
 やー楽しかった。肉うまかった。特にベーコン。
 他にも先輩作家で、同じつかさ名でもある瀬尾つかささんから新作の本をいただいたり(これは数日後に紹介する予定です)。
 具体的にどんな話をしていたのかは石踏さんのブログを見ていただくとして……
 …………。
 こんなこと言ってたっけ、僕。
 お色気? や、でも口火を切ったのは石踏さんだったような? ああ、でも新作ではどうこうというのは言ったかも。ごにょごにょ。あ、一応言っておくとお色気は大好きです。
 酒。すべては酒のせい。
 あと夜のせい。
 まあいずれお話しできるときがきますのでお待ちください。
 ワタルのプラクションはほとんど集めましたががが。韓国製のプラクション買って痛い目を見たのはいまでもいい思い出です。

 ああ、メイドが欲しいっていうのは言った、うん(部屋の惨状を見ながら)。
 さ、仕事仕事。

 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-06-15 02:31 | 日常雑記

記憶力の話

 すごい記憶力というものに対する憧れがあります。
 この憧れは実に古いもので、たぶん小学生くらいまでさかのぼるかな。
 当時、流行っていたドラクエで記憶力というか知識というか、そういうものを競う遊びがあったのですね。

 レベル1:すべての呪文を言える。
 レベル2:すべての呪文と効果、ダメージならだいたいの数字を言える。
 レベル3:すべての呪文と効果と消費MPを言える。
 レベル4:すべての呪文と効果と消費MPとどのレベルに達したら覚えるかを言える。
 …………

 まあ、こんな感じでした。上記で言うと僕はレベル2あたりが限界だったのですが、まあ周りにはレベル4以上の多いこと多いこと、これらに加えてモンスターまですべて言えるという無駄なくらいの記憶力を持つ猛者までいました。

「おまえベホイミの消費MPも覚えてねえのかよー」はなぜかいまでも覚えている台詞のひとつです。ホイミは3。これは覚えてる。

 5年くらい世代が変わると最初の151匹を順番通りに言えるかどうかになっていましたが、まあやってることは変わっていないので、こういうものは普遍的なものなのかもしれません。いまは何なんだろうね。

 こんな記憶力なので、メモをとる習慣が身につくまではそうとう厳しいものがありました。だいたいそうして忘れているものというのは、言われることで「以前に言われたことをようやく思いだす」感じなので、よけいばつが悪かったりするのです。
 まあいまはメモをとるようになったし、そのメモも目に見えるところに貼るようにもなったしで一安心です。
 ところで、いま僕の目の前に内容のまったく理解できないというか、僕の筆跡ではない感じのメモがあるのですが……
 やっぱり、記憶力がほしいです。

 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-06-09 02:44 | 日常雑記