一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです

ブログトップ | ログイン

好きな漫画の話

 ゲームはあまりやらないのですが、漫画はけっこう読むほうだと思います。そういうわけで、好きな漫画の紹介でも。

へうげもの(山田芳裕)

↑で、「ひょうげもの」と呼びます。僕は割とてきとうにどちらでも呼んでますが。
戦国時代の武将、古田左近(実在の人物)を主人公とした作品で、武勇や合戦よりも茶器や茶道といったものを重点に描いてるのが特徴かな。古田はひとかどの武将ではあるのだけど、それ以上に茶器を愛する数寄者で、その道をどう歩んでいくのかがじっくり描かれてる。
それと、擬音の使いかたがすばらしい。
そういえば、この古田左近の短編を司馬遼太郎が書いてたな。なんだったっけ。

あと、同じ方の作品で『度胸星』という、主人公が宇宙飛行士をめざす作品がある(僕は知らなかったのだが、有沢まみずさんが熱心に勧めて貸してくれた)。惜しむらくは未完であることだけど、これもおもしろい。


キングダム(原泰久)

学生さんは世界史(古代史、中国)で「春秋戦国」やら「秦の始皇帝」やら「戦国七雄」やら、そんな単語を習ったことがあると思う。秦、楚、斉、燕、趙、魏、韓を覚えろとかそういうの。
そんな時代の話。天下の大将軍となることを目指して剣の修行を積む信という少年が、ひょんなことから陰謀に巻きこまれ、戦いを重ねて強くなり、そして手柄を立てていく、という……いろいろ伏せてるといまいち魅力が説明しづらいですね。特に秀逸なのは戦闘シーンを主としたアクション。信やその他のキャラクターの魅力もあいまって、読むたびにわくわくして爽快な気分になれます。この前、最新刊が出て、やっぱり楽しかった。

ヒストリエ(岩明均)

『寄生獣』で有名な漫画家さんの作品。アレクサンドロス(東方遠征で有名なあれ)に仕えた書記官エウメネスの人生を、幼少の頃からじっくりと描いている話。シーンのひとつひとつが非常に丁寧につくられていて、惹きこまれるっていうのはこういうものなんだなあ、と。主人公の人柄や能力が大立ち回りを演じるようなものではないため『寄生獣』に比べれば地味な印象があるけれど、思慮深く、自分の生きている世界を観察しながらゆっくり歩いていくという感じは好きですね。これも少し前に最新刊が出てたなあ。

 とりあえずこの三冊。なんか歴史ものばかりになったな。歴史ものというくくりだったら他にヴィンランド・サガ(幸村誠)とかチェーザレ(惣領冬実)とかもお勧めなんですが。
 気が向いたらまたこういう紹介とかはしてみたいですね。
 
 
web拍手を送る 
# by tsukasa-kawa | 2009-03-22 01:03 | 日常雑記

紹介とかの話

いまさら紹介するまでもないことな気がするけど、同期である細音さんの新刊が本日発売されました。
↑帯がついてるとこんな感じ。
ネタがなかったのでちょうどいいやとかついでに画像アップロードというのを試してみようだとかそんなことは決して思っておりません。ええ、これっぽっちも思ってませんとも。あと画像写りが悪いのはご容赦ください。
 
 
web拍手を送る 
# by tsukasa-kawa | 2009-03-19 19:49 | 日常雑記

同期さんとお返事の話

 大物を相手にするとなかなか他のことに言及できませんね。
 そういうわけで、連続更新です。真夜中だったのが、夜が明けそうです。眠いです。

細やかな音色を啓してみよう』の細音啓さんにリンクをいただきました。同期ですよ、同期! 僕だけ三十路だけど!
 さておき『黄昏色の詠使い』シリーズもいよいよクライマックス。世界観といい、世界を彩る数多の登場人物たちといい、更に、彼らの物語を綴る細音さんの筆致にいたるまで、非常に繊細で、丁寧で、優しい作品ですが、当人もまさしくそういった言葉を体現したかのような方です。
 ゲームをやらせると物静かな態度は変わらないながら攻撃的になる、という話をときどき耳にしますが、幸い、その現場を僕はまだ見ていません。たぶん、このまま見ないほうが幸せなのでしょう。噂、噂。
 ところで、18期の面々はときどき集まってご飯を食べたりしているのですが、はじめの頃、細音さんは会うたびに肉がなくなっていきました。兼業ですし、スケジュールがそうとう厳しかったのでしょうが、はっきりいってアレは痩せる、などというレベルではありません。

「なぜ細音さんは会うたびにやつれていくのだろう」

 そんなことを僕らは心配して話しあったものです。いまでは問題ない感じですので、ファンの方はご安心ください。あのときは首まで細かったからなあ……。
 
 
 
 では、web拍手のお返事をば。
>一緒にL4Dしませんか><
 ごめんなさい。僕はL4D以前にそもそも箱を持っていないのです。まあ、いずれは……

> MOTHERって、任天堂だったとです。ぐんまけん。
 情報ありがとうございます。あれはとてもおもしろいゲームだったなあ。

>初めまして。ライタークロイス楽しく読ませてもらいました。新作も楽しみにしてます。
 ありがとうございます! ご期待に答えられるようがんばります。

>個人的には星詠図と書いて「せいず」と読ませる方がよっぽど好きだったのですが、残念です。
>星詠図を「せいず」と読めるかどうかじゃない!読ませるんだッ! by今さら遅い人

 これについては本当に申し訳ないとしか。落胆させておいてあつかましいですが「星図詠のリーナ」をよろしくお願いします。

>性別教えて、対応が変わるとか、SかMかですね?  両方いけるとわw
 少なくとも女性には優しく接させていただきます。

>謝罪する子もいいけどタイトルに悩む美少女もイイね!
 ははは、それはいったい誰のことだい?

>スリーサイズを教えてください。
 男のスリーサイズなんてノープライスですよ?
 
>川口さんは俺の嫁! ちなみに美少女のところから来ました
>某美少女のところから来ました。先生も美少女だったんですね。応援してます。頑張ってください。

 ご来訪、応援まことにありがとうございます。なお、お帰りはこちらになります。

 
 タイトル案も更に多くいただいております。本当に、皆様にはどれだけ感謝してもしたりないです。
 さて、どうするかな……

>メガテン未プレイ日記でひとつ。
 なぜ僕がメガテンシリーズをろくにやってないことを知っているのでしょう。

>ブログタイトルの話ですが、今のままで1年くらい押し通したら勝ち組な気がします。
 確かにそれも一つの手かもしれません。1年か……こうなってくると長いなあ。

>ブログのタイトルですが 「初期タイトル?なにそれおいしいの?」なんてどうでしょう。
 初期ってことは中期に後期、はては末期まで!?

>タイトルは「大賞作家ですが何か?」で行きましょう(ぇ こんなタイトルをつけられるのも大賞作家の特権ですよ!!
 各方面を敵にまわしそうなタイトルだ!

>ブログのタイトル思いついた! 「つかささんち」もしくは「○○○○つかささんち」こんな紛らわしい感じで
 現在の「つかさ」さんたちの数を考えると、紛らわしいではすまなさそうな気が……

>タイトル案 べっ、べつにあんたの為に書いてるわけじゃないんだからっ!!
 べっ、べつにタイトルを考えてもらったからって嬉しいわけじゃないんだからっ!!(見えない耳をぴこぴこ動かしつつ)
 
> 「女装すると美少女」・・「男装が趣味」・・・・ 
 男に男装はできないです。(あえて前半はスルー)

>押忍! 自分は十五歳ボディビルダー(女)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!
 よしわかった! まずはメルアドを(ry

> タイトルは、"(無題)"ってのはどうですか?  IEとかfirefoxのタブに(無題)って書いてたらびっくりしますもん。
 おお、確かにそれはおもしろそうですね。ありがとうございます。


 今回はこんなところで。
 それではおやすみなさい。 
 
 
web拍手を送る 
# by tsukasa-kawa | 2009-03-15 05:09 | 日常雑記

ある作家さんの話

 井上堅二さんをご存知でしょうか。
 ファミ通文庫にて『バカとテストと召喚獣』でデビューされ、同シリーズはヒットに次ぐヒット、陳腐な表現ながらまさしく業界の、いや日本の未来を担い、時代をリードする若手大物作家のひとりです。
 そんな井上さんが、ご自身のブログでありがたいことにこちらを紹介してくれてまして。(3/14の記事をご覧ください)
(以下引用)

>川口士さんがブログを開設したそうです。
(中略)
>タイトルを公募しているようで、現在の候補には
>『押忍! 自分は33歳ボディビルダー(男)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!』
>『今日の午前四時頃に、そちらで盗難がありました』
>『上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG』

>などが挙がっているようです。

(引用ここまで)

 いや本当にありがたい話です。井上先生に足を向けて寝られませんね。
 ところで

>『上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG』

 こんなの載せたっけ? というか、もしあったとしてもそんなもの載せずに握り潰(ry
 いやいや、まずは確認してみましょう。なにごとも確認は大事です。
 これまでの自分の記事……ない。
 web拍手は、と……

 >タイトルを真面目に考えました。上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG、でどうでしょう。ちなみに、美少女こと井上先生のまわし者ではありません。

 ほほう。
 なにやら早急に井上先生と話しあわなければならない気がしてきました。

 まあ、それについては後日ということで、もののついでに井上先生について、少しお話ししようと思います。
 とはいえ、井上先生の明るい人柄や著作については、いまさら語ることもないでしょう。
 なぜ、井上先生が美少女と呼ばれるのか。
 一説には「井上堅二子 13歳 ♀」がきっかけとなってそう呼ばれるようになった、といわれておりますが、ネタにそこまでの持続力があるとも思えません。
 なのに、なぜいまに至るまで類希な美少女と呼ばれるのか。

 事実だからです。

 彼女の本名はイノ=ヴェケンジー(マッケンジーっぽく発音してください)。地方によってヴェケンジーだったりウェケンジーだったりするそうです。11歳です。
 国籍は教えてもらってないのでよく知りませんが、故郷は寒いところだと言ってました。
 ペンネームの「井上堅二」については「男性っぽい名前にしろ。J・K・ローリングなんかも最初、女性だってことを隠してたから」と説得されたらしく、本名をそれっぽくいじって井上堅二としたそうです。酒の席で話してました。あ、いや、井上先生が飲んでたのはジュースですよ、ジュース。
「井上堅二子」というのは、もちろん彼女なりの冗談だったのですが、冗談でありながらも真実の叫び、主張でもあったのです。実年齢より2歳上にしているあたりが、子供の背伸びっぽくて大変ほほえましいですね。

 プライバシー的にどうかなと思ったのですが、これだけ騒がれている以上、いつかはばれることです。
 むしろ、みなさんでこの美少女を暖かい目で見守っていただきたい。
 ブラをつけてない、なんて恥ずかしいことを人前で公言するような子になってほしくない。
 その思いから、あえてこの事実を公開させていただきました。

 まずタイトルを募集するところからはじめるBlogは、井上先生を応援しています。
 
 
 
 
web拍手を送る
 
# by tsukasa-kawa | 2009-03-15 02:29 | 日常雑記

拍手へのお返事の話

 多くの方のご訪問及び、WEB拍手、本当にありがとうございます。
 もう何日か様子を見て更新しようと思っていたのですが、いただいたメッセージがあまりに多いので、そのお返事をさせていただきつつ、お知らせなどを。

 まずは拍手回答から。全部ではないですが、とりあえず、いまできる範囲で。

>拍手に名前欄を作ってもらえるとありがたいです
 えっと、しばらくお待ちください。できるかどうか調べておきます。

>この記事 見てるだけで興奮する・・
 まず性別を教えてください。それによってこちらの対応も変わります。

>こうづきさんとこから飛んできました、先生もやっぱ美少女なんでしょうね
 眼鏡っ子ではあります。ただまあ、僕の知る範囲で美少女と呼べるのはやはりこのひとぐらいでしょうか。

>自分は風見さんの所から来ましたー! 新刊楽しみにしてまーす!
>非モテ軍司令部から来ました
 同じところからいらっしゃった、という認識でよろしいでしょうか?



 そうそう、タイトル案も続々いただいております。たとえば、

>押忍! 自分は33歳ボディビルダー(男)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!

 違った。違いました。こんなものがタイトル案であろうはずがない!

>「今日の午前四時頃に、そちらで盗難がありました」

 それ、あったのはこのひとだから! まあ間違いで本当によかったです。

>「美少女が好きな美少女」・・・・(ブログ名)
 淫靡な雰囲気が素敵ですが、この美少女とはいったい誰のことを指しているのでしょうか。それによってこちらの対応も変わります。

>「タイトル付け下手な人のblog」そのまんま感じがよくないですか?by水樹
>「タイトルがないっていうのがタイトル」
>いっそ伏字だけにしたらどうですか? ●川●口●士●とか。
 ありがとうございます。ぜひ参考にさせていただきます。
 一年ぐらいかけてだらだらやるかなと思っていたけど、この調子なら思ったより早く決まりそうです。



 それから、前回の記事について。

>12日 7:43分て、時間おかしくねぇですかい?
>ただ今3月12日午前4時8分・・・・・・あれ?おかしくないですか?

 こういうメッセージを他にもいくつかいただきました、はい。
 あの記事をあげたのは、実際には夜中の3時ごろです。
 他のブログとかは知らないのですが、エキサイトブログには日時を指定して記事をあげることができる、というなんだかおもしろそうな機能がありまして、試しに使ってみました。
 いま調べたんですけど、RSSとかからだと、結局送信した時間(今回の場合は3時ごろ)には見ることができるみたいですね。
 どうも混乱させてしまったようで、ごめんなさい。



 最後に。更にリンクをいただきました。
 イチブイの石踏一榮さん。『ハイスクールD×D』を好評連載中。ポケモントレーナーにしてガンダムマイスター。更に「おっぱい神」の称号も獲得しつつあるんじゃなかろうかという気がする先輩作家さんです。

 アトリエ月の窓の手島史則さん。『影執事マルク』シリーズで人気の作家さんです。手島さんのアットホームなブログを見てると心が癒されます。あと、ガンプラに関しては石踏さんに劣らぬ熱意を持っている方でもあります。

 お二方とも、ありがとうございます。よろしくお願いします。
 おかげさまで賑わってきました。新居にいろいろな家具がそろってきているような、そんな感じです。

 では、ひとまずこんなところで。



 
 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-03-12 12:11 | 日常雑記