一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と戦姫」18巻、それから片桐雛太さんの魔弾画集、絶賛発売中です。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

ある作家さんの話

 井上堅二さんをご存知でしょうか。
 ファミ通文庫にて『バカとテストと召喚獣』でデビューされ、同シリーズはヒットに次ぐヒット、陳腐な表現ながらまさしく業界の、いや日本の未来を担い、時代をリードする若手大物作家のひとりです。
 そんな井上さんが、ご自身のブログでありがたいことにこちらを紹介してくれてまして。(3/14の記事をご覧ください)
(以下引用)

>川口士さんがブログを開設したそうです。
(中略)
>タイトルを公募しているようで、現在の候補には
>『押忍! 自分は33歳ボディビルダー(男)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!』
>『今日の午前四時頃に、そちらで盗難がありました』
>『上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG』

>などが挙がっているようです。

(引用ここまで)

 いや本当にありがたい話です。井上先生に足を向けて寝られませんね。
 ところで

>『上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG』

 こんなの載せたっけ? というか、もしあったとしてもそんなもの載せずに握り潰(ry
 いやいや、まずは確認してみましょう。なにごとも確認は大事です。
 これまでの自分の記事……ない。
 web拍手は、と……

 >タイトルを真面目に考えました。上月さんと結婚して同姓同名を目指す作家のBLOG、でどうでしょう。ちなみに、美少女こと井上先生のまわし者ではありません。

 ほほう。
 なにやら早急に井上先生と話しあわなければならない気がしてきました。

 まあ、それについては後日ということで、もののついでに井上先生について、少しお話ししようと思います。
 とはいえ、井上先生の明るい人柄や著作については、いまさら語ることもないでしょう。
 なぜ、井上先生が美少女と呼ばれるのか。
 一説には「井上堅二子 13歳 ♀」がきっかけとなってそう呼ばれるようになった、といわれておりますが、ネタにそこまでの持続力があるとも思えません。
 なのに、なぜいまに至るまで類希な美少女と呼ばれるのか。

 事実だからです。

 彼女の本名はイノ=ヴェケンジー(マッケンジーっぽく発音してください)。地方によってヴェケンジーだったりウェケンジーだったりするそうです。11歳です。
 国籍は教えてもらってないのでよく知りませんが、故郷は寒いところだと言ってました。
 ペンネームの「井上堅二」については「男性っぽい名前にしろ。J・K・ローリングなんかも最初、女性だってことを隠してたから」と説得されたらしく、本名をそれっぽくいじって井上堅二としたそうです。酒の席で話してました。あ、いや、井上先生が飲んでたのはジュースですよ、ジュース。
「井上堅二子」というのは、もちろん彼女なりの冗談だったのですが、冗談でありながらも真実の叫び、主張でもあったのです。実年齢より2歳上にしているあたりが、子供の背伸びっぽくて大変ほほえましいですね。

 プライバシー的にどうかなと思ったのですが、これだけ騒がれている以上、いつかはばれることです。
 むしろ、みなさんでこの美少女を暖かい目で見守っていただきたい。
 ブラをつけてない、なんて恥ずかしいことを人前で公言するような子になってほしくない。
 その思いから、あえてこの事実を公開させていただきました。

 まずタイトルを募集するところからはじめるBlogは、井上先生を応援しています。
 
 
 
 
web拍手を送る
 
# by tsukasa-kawa | 2009-03-15 02:29 | 日常雑記

拍手へのお返事の話

 多くの方のご訪問及び、WEB拍手、本当にありがとうございます。
 もう何日か様子を見て更新しようと思っていたのですが、いただいたメッセージがあまりに多いので、そのお返事をさせていただきつつ、お知らせなどを。

 まずは拍手回答から。全部ではないですが、とりあえず、いまできる範囲で。

>拍手に名前欄を作ってもらえるとありがたいです
 えっと、しばらくお待ちください。できるかどうか調べておきます。

>この記事 見てるだけで興奮する・・
 まず性別を教えてください。それによってこちらの対応も変わります。

>こうづきさんとこから飛んできました、先生もやっぱ美少女なんでしょうね
 眼鏡っ子ではあります。ただまあ、僕の知る範囲で美少女と呼べるのはやはりこのひとぐらいでしょうか。

>自分は風見さんの所から来ましたー! 新刊楽しみにしてまーす!
>非モテ軍司令部から来ました
 同じところからいらっしゃった、という認識でよろしいでしょうか?



 そうそう、タイトル案も続々いただいております。たとえば、

>押忍! 自分は33歳ボディビルダー(男)です! 先生と結婚を前提としたお付き合いがしたいです!

 違った。違いました。こんなものがタイトル案であろうはずがない!

>「今日の午前四時頃に、そちらで盗難がありました」

 それ、あったのはこのひとだから! まあ間違いで本当によかったです。

>「美少女が好きな美少女」・・・・(ブログ名)
 淫靡な雰囲気が素敵ですが、この美少女とはいったい誰のことを指しているのでしょうか。それによってこちらの対応も変わります。

>「タイトル付け下手な人のblog」そのまんま感じがよくないですか?by水樹
>「タイトルがないっていうのがタイトル」
>いっそ伏字だけにしたらどうですか? ●川●口●士●とか。
 ありがとうございます。ぜひ参考にさせていただきます。
 一年ぐらいかけてだらだらやるかなと思っていたけど、この調子なら思ったより早く決まりそうです。



 それから、前回の記事について。

>12日 7:43分て、時間おかしくねぇですかい?
>ただ今3月12日午前4時8分・・・・・・あれ?おかしくないですか?

 こういうメッセージを他にもいくつかいただきました、はい。
 あの記事をあげたのは、実際には夜中の3時ごろです。
 他のブログとかは知らないのですが、エキサイトブログには日時を指定して記事をあげることができる、というなんだかおもしろそうな機能がありまして、試しに使ってみました。
 いま調べたんですけど、RSSとかからだと、結局送信した時間(今回の場合は3時ごろ)には見ることができるみたいですね。
 どうも混乱させてしまったようで、ごめんなさい。



 最後に。更にリンクをいただきました。
 イチブイの石踏一榮さん。『ハイスクールD×D』を好評連載中。ポケモントレーナーにしてガンダムマイスター。更に「おっぱい神」の称号も獲得しつつあるんじゃなかろうかという気がする先輩作家さんです。

 アトリエ月の窓の手島史則さん。『影執事マルク』シリーズで人気の作家さんです。手島さんのアットホームなブログを見てると心が癒されます。あと、ガンプラに関しては石踏さんに劣らぬ熱意を持っている方でもあります。

 お二方とも、ありがとうございます。よろしくお願いします。
 おかげさまで賑わってきました。新居にいろいろな家具がそろってきているような、そんな感じです。

 では、ひとまずこんなところで。



 
 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-03-12 12:11 | 日常雑記

リンクの話

 スマブラをやるまでリンクのことをゼルダだと思ってました。
 それほどゲームをやらない上にメーカーをまるで覚えられないのですが、任天堂のゲームでちゃんとやって、ストーリーもしっかり覚えているものはマリオとFEぐらいな気がします。MOTHERって任天堂だったっけ。

 気がついたらいろいろなひとに見ていただいて、ありがたくもリンクさせていただきました。

宣伝してくださったこーづきさんちの上月司さん。ちなみに今日麻雀やったけど、負けました。次は勝……がんばる、うん。

形而上学奇蹟 の風見周さん。もし閲覧者の方に女性のお客様がいましたら、僕が名誉毀損で訴えられる前にしうさんにエールを送っていただけるとありがたいです。

それから栄養の無いサプリメントの葵せきなさん。富士見ですぐ上の先輩作家で、丁寧というか、自然体な方です。リンクしましょうと気さくに言ってくださったのですが、言われたときはいったいどこで知ったのだろうと正直びびった。上月さん経由でした。


 web拍手への返答は、申し訳ないのですがもう少々お待ちください。
 なにぶん、はじめてのことばかりでまだ手がまわらないのです。

 あと、33歳ボディビルダー(男)の方がとても多くて(笑


 
 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-03-12 07:43 | 日常雑記

紹介してもらった話

 暖かかったり寒かったりと難儀な日でした。とりあえず防寒対策は必要です。
 さて、僕はweb拍手を設置しているのですが

>こーづきさんちからきました。
>こーづきさんの所からきました
>とゆーことでツバサちゃんのトコから飛んできました(^O^)

 What?
 え、ちょっと待って。僕、まだ原稿上のやりとりでたまたま連絡くれた編集さんにしか、ここの存在話してないよ?

>美少女という噂を聞いて

 来るとこ間違ってますよ。こっちこっち

 で、確認したところ、
 ご紹介いただいてました。(3/11の日記をご覧ください)

 あ、ありがとうございます! で、でも、次の麻雀でうっかり振りこんだりとかしないんだからねっ!(ふつーに実力で負けます)
 とりあえず、上月さんは麻雀以外ではとてもいいひとです。
 麻雀では、うん、なんというか……鬼畜? 
 どちらが本性かはわかりませんが、あ……いや、なんでもありません。いいひとですヨ?
 まあでも上には上がいるもので、こちらの方なんかは上月さんよりもよほど凶悪で狡猾です。でも麻雀から離れるとやっぱりいいひとなんだよなあ、すごく。麻雀は人格変えるなあ……。




 そうそう。一迅社さんから刊行予定の本ですが、
「星詠図で『せいず』と読ませるのはやっぱり無理があるんじゃないかという意見を各方面からいただきまして」
「へい」

 そんなやりとりがありまして、先日紹介させていただいた「星詠図(せいず)のリーナ」から「星図詠(せいずよみ)のリーナ」に変わりました。字面的には入れ替わっただけですが。
 混乱させてしまってごめんなさい。

 それではお仕事に戻ります。

 
 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-03-11 18:09 | 仕事情報
 おはようございます。

 朝起きてみたら、一迅社文庫編集部のブログで紹介されてました。
 びっくりです。
 むう、せめて、もう少し形が整ってから話すべきだったか。
 いま来ていただいても見るものなにもないし。
 そう、せめて一年か二年ぐらい……

 そういうわけで今度、一迅社さんから本を出させていただくことになりました。

  『星詠図(せいず)のリーナ』

 父である国王の命を受け、辺境へと地図作りの旅に出た賢く若い王女「リーナ」と護衛の騎士たちは謎の敵の奇襲を受け壊滅の憂き目にあったところを、流れの傭兵「ダール」に助けられる。何があろうとも使命を全うしようとするリーナと臨時護衛に雇われたダールは、この旅の背後に陰謀の影を見るのだが。
 正統派ファンタジーの新鋭が贈る「本格マッピング・ファンタジー」。

 イラストは南野彼方さん
 打ち合わせの際、描いているところをじかに見せていただいたのですが、とても丁寧なイラストを描いてくださる方でした。話しかたも温厚で。
 なにごともなければ来月の4/20に発売される見通しです。

 えっと、あとなに話そう。というか、どこまで話していいんだろう。

・ファンタジーです。
・先月かその前くらいまでは「リーナの地図語り」とか、確かそんなタイトルでした。
・「このタイトルでは……」という話がやはり出たので、星詠図~になりました。あいかわらず僕の考えるタイトルは難ありのようです。
・主人公は女の子です。これは、まあはじめてかな。

 あらすじ読んだらわかるような話ばかりだな……。
 編集さんと話して、もう少し情報出せそうならまたそのときに、という感じで。

 というわけで、新作のお話でした。

 
 
web拍手を送る
# by tsukasa-kawa | 2009-03-10 07:11 | 仕事情報