一〇八(仮)

asakust.exblog.jp

ライトノベル作家川口士のブログです。「魔弾の王と凍漣の雪姫」9月21日発売となります。よろしくお願いします。

ブログトップ | ログイン

4月20日のお話




 人間賛歌は命の賛歌。そのフレーズがふさわしい歌はこの「手のひらを太陽に」ではないでしょうか。暗い気分でいるときに手のひらに懐中電灯を当ててみたら血管が透けて見えたのでこんな詞にした、というやなせたかしのエピソードを聞いたことがあるのですが、又聞きのようなものなので、本当かどうかはわかりません。事実だとしたら、そこから真っ赤に流れる血潮って言葉を考えるのはすごいよね。というか真っ赤な血潮が見えたら割とやばいよね。
 それはそれとして、ものが透けて見える能力→透けすぎて困るという話はもはや一つの様式美と化していますが、黄金の手で苦しんだミダス王のように、過ぎた能力で困る、都合のいい話なんぞそうそうない、というのは大昔からのお約束なのでしょう。

web拍手を送る
by tsukasa-kawa | 2018-04-20 22:19 | 新刊紹介